連続エッセイ最終回/占い師・中園ミホさんからのメッセージ「運気には春夏秋冬があります。占いでその周期を知って、人生の長期プランを立てましょう!」

中園美穂|クウネル|占い

占いを目先の運勢だけ見るのに使うのはもったいない。 私が勉強した四柱推命は、12年周期(※1)で運気の流れを教えてくれるので、長いスパンで人生プランを立てられます。

夢や希望があっても、そこにはどういう道筋で、どうやってたどり着けばいいかわからないこともあると思います。目の前の一歩を踏み出せず「このまま終わるのかな」と迷っているようなときこそ、 私は占いを使ってほしいと思います。もし運気が良い『福寿縁』※2のときだったら、 アクティブな運気があなたに味方してくれるはずですから、 迷っているなんてもったいない! 人生のギアを全開にして、思いっきり挑戦すればいいのです。

一方、運気が低迷する『空亡期』※3のときだったら、自分が描いた思いどおりの結果は出ないかもしれないけれど、それでも覚悟してやってみればいいのです。たとえ失敗しても「そういう時期だった」と思えば怖くないし、何か大きな課題が見つかるかもしれません。それがいま自分に足りないものだとわかれば、努力して勉強しよう、 それから逃げずに乗り越えようと前向きになれると思います。

※1:『胎生』『童幼』『縁起』『衰勢』『極楽』『餓鬼』『回帰』『天恵』『老熟』『逢魔』『空亡』『未明』の12年周期
※2:『縁起』『極楽』『天恵』の幸運期
※3:『逢魔』『空亡』の2年間

どなたも「ずっと良い運が続く」ということはありません。運気にも春夏秋冬があり、落ちるときがあれば上がるときもある。それを繰り返しています。ですから、その暦のようなものを、占いを使って自分でしっかりと理解していれば、上がっていくときは大胆に進めばいいし、落ちていくときも覚悟ができるので、決して怖くありません。冒頭、四柱推命で運気の12年周期を知っていると、自分の人生を長いスパンで考えられると書いたのはそういうことです。

大切なことなので、運気が落ちる時期『空亡期』についてもう少し説明します。私は、空亡期というのは「神様からその人に足りない課題を課せられる修行の時期」だと思っています。 占い師によってはこの時期は何もせずに過ごすのが良いと考える方もいますが、私はこの時期の過ごし方としては、逃げずにその課題に一生懸命取り組むこととアドバイスしてきました。そして、それは厄落としにもなると。

人によっては、 空亡期に入る前、『老熟』の後半あたりから、自分の「ここが勉強不足だな、ここが弱点になるな」と、やるべき宿題が見えてくることがあります。それが、今回の厄なのだと思うと、それを乗り越えればよいのですから、心構えもできると思います。

また、空亡期に近づくと、 突然の転勤や親の介護など、 自分の都合どおりにいかないことが起こる人もいます。これまで舗装された見通しのいい道を歩いていたのに、突然先の見えない曲がり角を曲がるような…。ですが、その時はどうか焦らず「ああ、今回の自分の宿題はこれなんだ」と、粛々と取り組んでいただきたいと思います。

しかし、頭ではわかってはいても、空亡の最中は実際にとても辛いものです。ですから私は、相談に来られた方には必ず、「空亡の試練は必ず乗り越えられます」ということを伝え、抜ける時期をお知らせしていました。出口を教えないなんて何のために占い師の所に来たかわからないですからね。 空亡期はどんな人にもやって来るし、2年以上は続きません。2年で終わると思えば、辛くても人は頑張れると思います。 目の前で手帳を開いてもらい、必ずその時期を書き込んでもらうようにしていました。

一方、空亡の時期に思いあたるような不運に見まわれず、運の落ち込みもないと感じられる人がいます。それはラッキーなことなのでしょうか。私はむしろ警戒したほうがいいと思っています。もしかしたら、空亡期の宿題に気づきながらそこから目を背けているのかもしれません。宿題は逃げても逃げてもついてきますから、どうかしっかり向き合ってほしいと思います。

占い師の頃、多くの人が辛い空亡期を乗り越え、幸せになっているのを見てきました。これをクリアすれば、足腰が強くなって、より高い山に登れる。人生のステージが上がると、ぜひ前向きにとらえてほしいと思います。それを乗り越えたとき、あなたもひとまわり大きくなった自分を実感できるはずです。

★私の占いは、中国から伝わった四柱推命と気学をベースに開発した独自の数気学です。著書『占いで強運をつかむ』(マガジンハウス刊)では、あなたの12年間の運気の波が調べられますので、ご活用ください。

連続エッセイ ① :脚本家・中園ミホさんが占い師活動を本格スタート。「占いは人生を輝かせるツールです」
連続エッセイ ② :“占い師”中園ミホさんからのメッセージ「運には賞味期限があるのです」
連続エッセイ ③ :占い師・中園ミホさんからのメッセージ「占いは信じた方が得。最強の味方になるツールです」
連続エッセイ④ :占い師・中園ミホさんからのメッセージ 「誰にも訪れる運気が停滞する2年間『空亡期』は、幸福の準備期間です」
連続エッセイ⑤:占い師・中園ミホさんからのメッセージ 「空亡期に逃げずに取り組んだことへのご褒美は、必ずいただけます」
連続エッセイ⑥:「あなたの運気をぐっと引き上げてくれる“運命の人” は本当にいます。しかも何人も」
連続エッセイ⑦:「金運はお金持ちから分けていただく。特にお財布の色は重要です」

キーワード