【住まいと暮らしvol.21】ものもインテリアも、納得のいくものだけをーBORON櫻井彩子さん

櫻井彩子 キッチン

部屋やごはん、お気に入りの道具たちを本人撮影の写真で見せていただき、バトンを繋いでいくリレー連載。前回の井上佐由紀さんのバトンを受けてご登場いただくのは、『BORON』として活動する人形作家の櫻井彩子さんです。

櫻井さん・暮らしのルール

櫻井彩子 プロフィール

1)できるだけ、環境にやさしいものを使う
2)子どもも大人も、お互いに好きになれそうなものを飾る
3)肌に触れるのは、やさしくて軽いもの

毎シーズン、ひとつの国や時代をテーマに、旅しているような気分になれる靴下を作るブランド『MARCOMONDE(マルコモンド)』の靴下からインスピレーションを受け、柄を活かした人形を制作している櫻井さん。ユニークな形、色柄豊かな人形が人気です。

そんな櫻井さんのインテリアはシンプル。もの選びにはルールを決めているのだとか。
「キッチンなどの水回り特に好きで、アニメや映画に出てくるキッチンが、真似したくなる憧れのキッチンのひとつです。自分のなかで約束事があると部屋のインテリアも選びやすいし、ものを購入する際にも若い頃のように”あれもこれもいい”と迷うようなことはなくなりました。コスメを選ぶときにも、できるだけ容器の素材がリサイクルできるものを選ぶと、自分の気持ちも軽やかになることに最近気づきました」

子どものものでも家のものと考え、納得するものを揃えていきたいそう。
「これまでもイラストや写真は飾っていましたが、ときどき変えたりすると子どもも気づいてくれます。作品が常に目に入ると気持ちも豊かになるんじゃないかなと思うと、飾ることがさらに楽しくなりました。これからはものを増やすより減らして、最低限必要なものとどうしても欲しいもの、子どもにも残せる素敵なものだけと暮らしていきたいと思っています」

櫻井彩子 ジェフの作品
コップやグラスなど、よく使うものは、キッチンの取りやすい場所に置いて。ジェフ・マクフェトリッジの作品の下にディスプレイ。
櫻井彩子 クロッキー
猿が好きだという旦那さんの影響で、自然と猿のものが多いという櫻井さん宅。猿の横顔のクロッキーは、ステファニー・クエールの作品。
櫻井彩子 井上佐由紀の写真
水の写真は、バトンを繋いでくれた井上佐由紀さんの作品。「写真やポスターを変えることで、インテリアに季節感を出します。3月には、ピンクの花の写真に変えます」
櫻井彩子 牛の絵
牛のイラストは、インドの地方の民族が描いたもの。「大きいイラストを飾りたくて購入。一見すると刺繍に見える質感も、緑の台紙も落ち着いた額装もしっくりきました」
櫻井彩子 子供用の椅子
お子さんが生まれる前から持っているという子ども用の椅子。「もともとインテリアとして置物を置いたり、生地を置いていました。子どものものでも、インテリアに合う、納得のいくものを揃えたいです」
櫻井彩子 キッチン
とにかくキッチンの写真を眺めるのが好きだという櫻井さん。蓋つきの容れ物には違う種類の塩、小さい容器には輪ゴムなどが入っているそう。「ごちゃごちゃしているものは隠れていたらきれいに見えるのでしまうようにしています」
櫻井彩子 洗面所
デザインにも参加した洗面所は、特にお気に入りの場所。「リフォームの際は、いろいろなインテリア雑誌をスクラップしたり、『THE CONRAN SHOP』のバスルームの本を施工会社の人に見せて、一緒に完成させました」
櫻井彩子 化粧品
最近お気に入りのコスメだという『CHRISTINA』。「特にクレンジングは、汚れを落とすのと同時に肌に水分を補給してくれます。購入した青山の「4th floor to the right」ではお手伝いもしています」
櫻井彩子 石けん置き
気に入ったもので、長く使えるものは同じものや似たようなものを買うのだとか。「白とシルバーの組み合わせは、それだけでまとまって見えるので好きです」
櫻井彩子 ホワイトな空間
同じ色で統一して飾ることもルールにしているという櫻井さん。「白い壁に、彫刻のマグネットと、西本良太さんのステンレスワイヤーで作られた封筒を飾って」
櫻井彩子 猫とタオル
近所にあるセレクトショップ『HOEK(フーク)』のタオルがお気に入り。「ふわふわで乾きやすい。家族が肌が弱いので、心揺さぶる出合いでした」
櫻井彩子 ぬいぐるみ
ぬいぐるみは、『BORON』で最近作ったもの。「『MARCOMONDE』の靴下の素材が気持ちいいので、ぬいぐるみの触り心地もいいんです。次は年末に販売予定があります」
/

櫻井さんがバトンを渡すのは、「meme meal」としてレシピ提供やフードコーディネートをしている安居みおさん。「人形を作らせてもらっています。安居さんが作る料理は、人柄がにじみ出るようなやさしい味。またごはんを食べたいなとずっと思っています」と櫻井さん。安居さんの暮らしは、8月末に公開予定です。どうぞお楽しみに。

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード