【住まいと暮らしvol.10】人生の集大成としてものづくりを楽しむための、自分のアトリエーTRUCK 唐津裕美さん

TRUCK 唐津裕美

部屋やごはん、お気に入りの道具たちを本人撮影の写真で見せていただき、バトンを繋いでいくリレー連載。前回の後藤由紀子さんのバトンを受けてご登場いただくのは、木や革、鉄などの素材を使った長く使える家具で人気の『TRUCK』の唐津裕美さんです。

唐津さん・暮らしのルール

TRUCK 唐津裕美

1)毎朝、猫と一緒に朝風呂でリラックス。
2)深呼吸する。庭や屋上に出て空を見る。
3)自分が本当に欲しいと思うものを作る。

唐津さんはパートナーの黄瀬徳彦さんとともに、1997年に大阪に『TRUCK FURNITURE』をオープン。敷地内の工場で家具を作って販売。自宅やショップで身の回りにあるものを使い、スタイリングから撮影まですべて自分たちで、カタログ「TRUCK WORKS」を制作するスタイルを続けています。2009年には旭区に移転し、カフェ『Bird』をオープン。自宅の前に自身のアトリエを作っているところなのだとか。
「TRUCKがオープンして25年。子育てもひと段落して、ようやく自分の時間が持てるようになってきました。今は仕事と育児の合間に、新しいアトリエに運び込んだ荷物の片付け中。ゆっくり絵を描いたり、これまでの集大成としてものづくりをするのが楽しみです」
現在、保護猫4匹とラブラドール犬1匹と一緒に暮らす唐津さん。側には常に、保護猫や保護犬がいるといいます。
「行き場を失った犬や猫と暮らしています。世の中の不幸な犬猫を1匹でも減らすために、保護活動や里親になることをたくさんの人に知ってもらいたいですね。保護団体に属しているわけではないですが、個人でできることをやっていきたいと思います」

TRUCK 唐津裕美
自宅でも「TRUCK」の家具を愛用。「自分たちが作った家具を実際に使ってみて、座り心地などを試してから商品化します」部屋には庭で剪定した草木を飾って。
TRUCK 唐津裕美
最近保護した猫たまぞうは「FK SOFA」 がお気に入り。「いちばん多いときは、猫8匹、犬5匹と暮らしていました。そのほとんどが保護した子たちです」
TRUCK 唐津裕美
人気の白い「LABORATORY SHELF」。「いろいろな国で集めたお気に入り、ひりんこのコレクション通称”ひりコレ”を詰め込むために、このシェルフを考えました」
TRUCK 唐津裕美
毎朝、愛猫のおくちゃん、たまぞうと一緒に朝風呂に入るのが、何よりのリラックスタイム。「温まりながら、今日一日のことを整理して考える大切な時間です」
TRUCK 唐津裕美
ギターとウクレレはいつも手に届くところに。
TRUCK 唐津裕美
愛犬・ラブラドールのジュニちゃんは14歳7ヶ月。介護中です。「庭を散歩します。犬や猫を飼うのは、かわいいけどかわいいだけじゃない。元気で長生きしてほしいですね」
TRUCK 唐津裕美
著書「TRUCK nest」のために描いた庭にやってくる鳥のイラスト。「この家に引っ越してから、庭にたくさんの野鳥がやってくるので、窓辺には双眼鏡と野鳥図鑑を置くようになりました」
TRUCK 唐津裕美
毎日「TRUCK」に行くという唐津さん。「ディスプレイを変えたり、植物をチェックしたり、品出しをしに行きます」
TRUCK 唐津裕美
「TRUCK」のカタログやWebサイトの写真も、全て唐津さん自身が撮影。「撮影のとき自宅から私物をせっせと運んで、自分でスタイリングしています」
TRUCK 唐津裕美
イラストレーターとしても活動していた唐津さんは、カタログのためにイラストを描いています。
TRUCK 唐津裕美
「TRUCK」の向かいオープンしたカフェ「Bird」。「TRUCKの家具に実際に座って食事ができます。エノキの樹の下を通って店に入るように、植えました」
TRUCK 唐津裕美
カフェ「Bird」名物のドーナツ。「おいしいドーナツが食べたくて、試行錯誤してできあがりました。パッケージのデザインやイラストも描いています」
TRUCK 唐津裕美
自宅の前に建てたアトリエは、唐津さんの新しい基地。
TRUCK 唐津裕美
素敵なアトリエの様子。「アンティークのドアのサイズに合わせて作った、サンルームへの入り口もお気に入りです」
TRUCK 唐津裕美
アトリエでは、ゆっくり絵を描いたり、ものづくりをしたいという唐津さん。「ロフトには泊まれるようにベッドも置きました」
/

唐津さんがバトンを渡すのは、奈良のパン屋さん「ミアズブレッド」の森田三和さん。「ミアちゃんはとても元気で働き者。会って話をすると、”よし、明日から仕事頑張ろう!”という気持ちになれます」と唐津さん。森田さんの暮らしは年明け、1月中旬に公開予定です。どうぞお楽しみに。

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード