【私をときめかせること】都心から1時間ちょいの大人の遠足。古い街並みや建物にはマチュア世代のワクワクがいっぱい。

裏路地 街歩き 栃木 荒物屋

学芸大学の生活雑貨の店『MIGO LABO』の店主であり、フォトグラファーとしても活躍する、クウネル・サロンプレミアムメンバー石黒美穂子さん。ときめくことは?と聞いたら、迷わず「街歩き!」。街歩きの魅力を教えてくれました。

街を歩くとワクワクした気持ちになります

私にとっての「ときめき」は街歩き「いつもワクワクドキドキの連続の発見がいっぱい。」 特に失われつつある古い建物や昔ながらの街並みには愛おしさを感じています。

栃木 旧横浜正銀行本店 街並み
国指定史跡「旧横浜正銀行本店」緑のドームが青空に映えます。
栃木 歴史 街並み 風景
建物の詳細や歴史が読み解けるので歴史的建造物の説明書きは必ずチェック。
桐生明治館 旧群馬県衛生所 街並み
偶然通りがかった桐生明治館(旧群馬県衛生所)。夕暮れ時の光が美しくムード満点。
旧栃木町役場庁舎 栃木市立文学館
旧栃木町役場庁舎は4月から栃木市立文学館として活用されているそうです。
巴波川 栃木 
栃木市では市内を流れる巴波川(うずまがわ)。蔵の街に先頭さんの歌声が響いていました。
/

子供の頃からテレビの旅番組が大好きでした。「知らない街を歩いてみたい〜どこか遠くへ行きたい〜♪」というテーマソングに誘われ、子供心に妄想旅を楽しんでいました。

旅に出るとそれぞれの街を象徴するような古い建物を多く見かけます。
街の発展に伴い建てられた重厚感のある建物には匠の技がそこかしこに見られ、細部のモチーフのデザインまで見応え充分。


私の愛する関東近県のお出かけスポット

久しぶりに横浜に行くと街の至る所に素敵な建物が。海に抜ける広い道と歴史的建造物がマッチしていて異国情緒を感じました。新しいビルや商業施設が出来ている横浜市ですがお手軽ショートトリップとして古い建物巡りはオススメです。

昨年、クウネルサロンでもご紹介した群馬県の桐生市。記事では昭和の趣を残す店や味にフォーカスしました。同じような印象を持ったのは栃木県栃木市。地域ぐるみで街並み保存を進めており、古い蔵をリノベーションしたお店や観光スポットがたくさん。

昔ながらの美しい街並みを愛し、活性化させようと頑張っている人たちにもお会いすることができました。桐生市も栃木市も初めて訪れた街なのに昔懐かしいムードに酔いしれました。


裏路地は街歩きの時に欠かせないスポット

裏路地 街歩き 栃木 荒物屋
栃木市の荒物屋さんはまるで映画のセットのような佇まい。店頭のカゴたちにロックオン!
岐阜県多治見市 レトロ 風景 万年室病院
同じく栃木市で見つけた「萬年筆病院」には万年筆が必需品だった時代の賑わいを感じます。
若松理容店 栃木 
昭和初期に建てられた栃木の若松理容店の外観。ドラマのロケにも使われるそうです。
岐阜県多治見 レトロ 看板
岐阜県多治見市にもそこかしこにレトロな建物や看板があり、タイムスリップ気分。
鎌倉 銭洗弁天 
鎌倉駅より銭洗弁天に向かう途中に見つけた三角屋根。絵画的なデザインが素敵でした。
/

街歩きの面白いところは何と言っても裏路地。どこの街に行っても何か面白い物がありそうな路地には迷わず進みます。
路地の先で珍しい建物や看板、美味しいお店を見つけると自分の勘を信じてよかった思うこともしばしば。古い商店では時間があれば店主の話を聞いたり、思いがけないお宝を見つけたり!!

また地元の方から穴場のオススメスポットなどを教えてもらうことも。ガイドブックやSNSよりも信頼できるのはその街で暮らしている人なんだと実感します。街歩きと旅先での人との出会いは私にとって何にも代え難い貴重なときめく体験です。


石黒美穂子さんに関する記事
「秋冬トップスを選ぶ基準はスリーシーズン着回せるアイテム」。差し色を入れておしゃれを楽しみます。
贅沢したいのはパジャマ。パリ在住フォトグラファーが、闘病生活を機にプロデュースした上質パジャマ。
長年眠っていた『エルメス』のスカーフを今こそ投入。大人のデニムカジュアル。
大人のアウターに「軽さ」は必須。春まで活躍を見越して買い足したアウター2枚はこれ。
永久交換OK?!とことん履き続けられる丈夫でおしゃれな『GLEN CLYDE』の靴下。
すっきり細見え、何にでも合う!『パタゴニア』のパンツと『ユニクロ』のワンピース。【2021年買ってよかった】
50代おしゃれにブローチがおすすめです。地味化しがちな冬コーデを一瞬で個性的に。
日本にも第3次ブーム到来!韓国から派生?マクラメって?
令和の向田邦子?!ジェーン・スーさんを深掘り。『生きるとか死ぬとか父親とか』が沁みる…。

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード