令和の向田邦子?!ジェーン・スーさんを深掘り。『生きるとか死ぬとか父親とか』が沁みる…。

ジェーン・スー 石黒美穂子

学芸大学の生活雑貨の店『MIGO LABO』の店主であり、フォトグラファーとしても活躍する、クウネル・サロンプレミアムメンバー石黒美穂子さん。最近はコラムニスト、ラジオパーソナリティのジェーン・スーさんの作品を読んだり、ラジオを聴いたりしているのだとか。そんな石黒さんにジェーン・スーさんの魅力を伺いました。

ドラマ好きな私が昨年ハマったドラマの一つが『生きるとか死ぬとか父親とか』です。元々、テレビ東京の深夜枠のドラマは名作が多いのですが、これは群を抜いていました。

ドラマはジェーン・スーさんのエッセイを元に作られていて、主人公の吉田羊さんと父親役の國村隼さんというはまり役の二人が演じていました。家族や仕事、恋愛のエピソードが本当に面白く、最終回が近づくのが寂しく感じる程。原作本はどのエピソードも自分に重ねながら読むことが出来、少しおセンチな気持ちになりました。

ジェーン・スー 生きるとか死ぬとか父親とか
ドラマになっていないエピソードも是非、見てみたい〜シーズン2を熱望!!
ジェーン・スー 私がオバサンになったよ
一緒に購入した対談本はジェーン・スーさんの幅広い知識に驚かされます。
/

なんだか親近感が湧いてきます。

またジェーン・スーさんがレコード会社の宣伝を担当していたと知り、年代こそ違いますが、同じような業界で仕事をしていた私としては、勝手に 親近感が高まりました。以前からジェーン・スーさんのトレードマークの丸顔&眼鏡に親しみを感じていましたが、さらに今まで敬遠していたヘアバンドで似合う物を見つけた事も偶然とは思えません。

ヘアバンド 石黒美穂子
家族からも「似てる」と言われた丸眼鏡とヘアバンドスタイル。

ジェーン・スーさんのラジオをBGMに。

またTBSラジオのお昼の帯番組「ジェーン・スーの生活は踊る」はお昼ご飯を作りながら、ポッドキャスト番組「OVER THE SUN(通称・オバさん)」は聴きやすいので作業中のBGMにしており、私の生活にはなくてはならない存在。これからも「令和の向田邦子」としてジェーン・スーさんからは目が離せないです。

ジェーン・スー 石黒美穂子
ドラマにも登場した由緒正しきフリーペーパー銀座百点。
ジェーン・スー 石黒美穂子
今年の新年号では山田五郎さんとの対談が掲載されていました。
/

●石黒美穂子さんに関する記事
「秋冬トップスを選ぶ基準はスリーシーズン着回せるアイテム」。差し色を入れておしゃれを楽しみます。
贅沢したいのはパジャマ。パリ在住フォトグラファーが、闘病生活を機にプロデュースした上質パジャマ。
長年眠っていた『エルメス』のスカーフを今こそ投入。大人のデニムカジュアル。
大人のアウターに「軽さ」は必須。春まで活躍を見越して買い足したアウター2枚はこれ。
永久交換OK?!とことん履き続けられる丈夫でおしゃれな『GLEN CLYDE』の靴下。
すっきり細見え、何にでも合う!『パタゴニア』のパンツと『ユニクロ』のワンピース。【2021年買ってよかった】
50代おしゃれにブローチがおすすめです。地味化しがちな冬コーデを一瞬で個性的に。
日本にも第3次ブーム到来!韓国から派生?マクラメって?

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード