【60歳、女ひとりのお金と暮らし】不要な物を手放して手に入れた、ミニマムで心地よい生活。

井手しのぶさん スニーカー

鎌倉の山の上に理想の平家を建て、悠々自適の1人暮らしを楽しむ<クウネル・サロン>プレミアムメンバーの井手しのぶさん。今の暮らしに行き着くまで、ライフステージの変化に応じて7軒の家を住み替えてきたパワフルな女性です。

好きだった庭や家のデザインが仕事につながり建築デザインの会社を設立、仕事に邁進していた生活を経て60歳を迎えた“今”についてお話を伺いました。

理想の家でのんびり暮らす。お金を使わなくても豊かな毎日。

昨年の10月に還暦を迎えた井手さん。これからはとにかく健康でいることが目標。と明るく語ります。

「この家は山の上にあるので、買い物の行き帰りだけで結構な運動になります。鎌倉に引っ越してから、スーパーで食材を買わなくなりました。お肉はお肉屋さん、お魚は魚屋さん、野菜はレンバイ(鎌倉農協連即売所)で買ったり庭の畑で獲れたものを食べたりしています。やっぱり新鮮なものって全然違う。

ここのところ食べるものが変わってきて、お豆腐とかこんにゃくとかを食べたいなと思うになりました。あと量が減ってきた。私、心配ごとがあると、すっと胃が閉じちゃって食べられなくなっちゃうの。だから少量でも質のいいものを食べるように。健康を意識してビタミン剤を飲んだりもしています。晩酌もするけど量は減りました。」

取材当時、脳腫瘍で闘病中だった9歳の愛犬まさお君(愛称まーくん)。まーくんが具合が悪くなった時にいつでも動けるように、お酒も控えるようになったそう。残念ながら11月に虹の橋を渡りました。

「60歳になったからって変わったことはあまりないんだけど、これからは節約していこうかなって思っています。仕事量を減らして自由な時間が増えたぶん、庭で野菜や果物を育てたり、DIYで小屋を立てたり…。ここに越してから、お金を使わなくてもわりと楽しく暮らしていける。っていうことに気がつきました。だったら節約してみようかなって。

まーくんが病気になってから、心配で食が細くなってしまって自然に痩せたんです。そしたら何を着てもすっきり見えるようになって、服も買わなくていいかなって。今持っている服で十分間に合っちゃう。今まではジュエリーや洋服にさんざんお金をかけてきたんですが、最近はすっかり物欲がなくなりました」

赤い革財布
還暦を迎えた記念に購入したという『メルクルディン』の赤い革財布。今はほとんど物欲がなく、自分のために物を購入したのは久しぶりなのだそう。

収納に入らないものは買わない。はみ出したら手放す。

海外で買い付けた素敵な家具や骨董品に囲まれながら、空間に余白があり心地よく整頓されている井手さんの家。1LDKのコンパクトな住まいですっきりと暮らすコツはあるのでしょうか?

「引越しの時にかなりの持ち物を処分しました。持ってきたのはこの家に入るものだけ。物を増やさないように、収納に入らないものは買わない。はみだしたものは処分するっていうルールを設けました。先日自宅でフリーマーケットを開催して、さらに物を減らしました。思い入れのあったアンティークの家具やテキスタイルが、また新しい人の手に渡って使ってもらえると思うとうれしいですね」

井手しのぶさん クローゼット
井手さんの収納スペース。洋服やバッグなど身につけるものは必要な分だけを厳選。本や書類も棚に収まるぶんだけ。
井手しのぶさん リビングのアート
陽当たりの良い広々としたリビングには、旅先から持ち帰ったアートや骨董品が飾られている。
/

女社長としてバリバリ働き、たくさん稼いでたくさん使う時代も経験してきた井手さん。「引っ越しの時、着たことのない服や履いたことのない靴をどれだけ処分したことか。ハワイに旅行してルブタンの靴を大量に買ったりした時もありますが、山の上のこの家ではヒールなんて履けない。高い靴は処分して、もう全部スニーカーになりました」

本来、年に3回は海外に行っていたという旅行好き。コロナで海外に行けなくなったことと愛犬まさお君の闘病が重なり、「こんなに旅に出ないのは本当に久しぶり」と言います。

「海外旅行に行きたい気持ちはありますが、下手な国内旅行をするなら家にいたほうがいい。のんびりしたい時は、ウーバーイーツで出前でもとって、温泉も日帰りで行けばいいと思うようになりました。

物欲がある人は70になってもあるって言うけれど、私は今、本当に物欲がないんです。動物たちとここで平穏に暮らせれば十分だわ」

取材・文/吾妻枝里子

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード