【パリの最新ヘアスナップ③】自分自身の髪質に合わせたお手入れで、美しい髪色をキープ!

パリの最新ヘアスナップ シルヴィさん

自らの髪が持つ本来の美しさを引き立たせるためには、カットだけでなく、カラーリングも重要な要素!特にシルバーヘアへの移行期には工夫が必要です。今回は、パリマダムたちの美しい髪色キープ術を日々のヘアケア方法とともに教えていただきました。

ミリアム・ドゥ・ラマルリィエールさん /スポーツ講師 56歳

パリの最新ヘアスナップ ミリアムさん
【SIDE】3ヶ月に一度のカットとグラデーションカラーで、白髪と地毛を上手になじませているミリアムさん。「髪のボリュームがなくなってきたので、ビオショップのオーガニックプロダクトを選んでいろいろなブランドを試し、シャンプーやヘアマスクでお手入れしています。髪の状態をキープしながら、次はクラシックなボブスタイルを目指したいと考えています」

ソフィ・ ラヴォールさん/写真家 51歳

パリの最新ヘアスナップ ソフィさん
【FRONT】髪の地色は栗色。白髪が増えてきてシルバーヘアへの移行中なので、ワントーン明るいメッシュをいれ、髪に動きを出しています。「色のバランスには悩みます。できるだけ美しい髪色をキープしたいので」。
パリの最新ヘアスナップ ソフィさん2
【SIDE】ヘアケアはクリストフ・ロバンで毎日シャンプー&トリートメント。「ナチュラルなクセを生かし、もう少し短くしたい」。
/

シルヴィ・トレヴァリネさん/リタイア 61歳

パリの最新ヘアスナップ シルヴィさん
【FRONT】あごラインのボブスタイルをキープするために、サロンで2ヶ月に1度カットと、シルバーヘアにはメッシュをいれているというシルヴィさん。「洗いすぎて髪が乾燥しないよう、シャンプーは週に3回」。髪がシルバーになってからは、「髪の色に合わせて白やベージュの服を着ることが増えました。 家族にも評判がいいので、今の髪の色は気に入っています」。

●心機一転!ヘアスタイルを変えてみませんか?個性派ヘアサロンシリーズはこちら。
1)お姫様気分が味わえる新サービス!サロン+カフェ=贅沢空間
2)世界中でここだけ?!究極フレッシュ、サロン工房手作りヘアケア剤。
3)〈朝活〉仕事前に行けるヘアサロンがあるって本当?
4)サロンもサブスクの時代到来。あれもこれも…願いが叶う!
5)アートやグリーンで心のメンテ。出会いが生まれるヘアサロン。
6)【個性派ヘアサロン⑥】アートやグリーンで心のメンテ。出会いが生まれるヘアサロン。

『ku:nel』2021年11月号掲載
写真 新村真理/コーディネート 鈴木ひろこ/編集・文 今井 恵

キーワード