【個性派ヘアサロン②】世界中でここだけ?!究極フレッシュ、サロン工房手作りヘアケア剤。

オーガニックのアイテムを使ったサロンは数多くあります。しかし、今回ご紹介するのは、なんとサロン内のファクトリーでヘアケアアイテムを手作りしている個性派サロンです。普通のサロンに満足できないこだわり派の方は、要チェックのスポットです。

併設のファクトリーで調合した、フレッシュなケアアイテムでお手入れ。

オーガニックなケア品を使ったサロンも増えていますが、サロン内で作っているのは、日本で、いや世界でもここだけでは?という稀有なサロン。効能、香り、フレッシュさを追求していたら、自分たちで作ることに至ったといいます。

カラーリング後のトリートメントに使用するハーバルケーキ。頭皮をクレンジングして、髪本来の弱酸性に戻す働きを促してくれるという。

毎朝、その日使う分だけのシャンプーやトリートメントを調合する。シャンプーは「生シャンプー」と呼ばれ、月替わりで内容が変わる。

ハーブの香りで満ち、座っただけで癒される。店内BGMはなく、飼っているカナリアの鳴き声のみ。目を閉じると森にいるような感覚に。

/

サロンの中央には精油生成機が置かれ、ウイスキーを蒸留するように草木からオイルを抽出。そこで作られた香り高いオイルをベースに、シャンプー、トリートメントなどに調合し、究極的にピュアでナチュラルな製品を日々、生み出しています。

蒸留作業中のスタイリスト・佐藤卓さん。ハーブなどの植物に造詣が深く、素材採取のために山に入ることもしばしばあるという。

この日はヒバから蒸留。10kgのヒバパウダーから抽出できるオイルはわずか150㎖。この作業は使用する朝に行う。

国内外から取り寄せたハーブや植物がストックされている。効能や香りなどのバランスをみながら調合。作り立ての状態で使用される。

揃いのカーキエプロンから漂うファクトリー。

/

美容に関する記事、他にもいろいろ
履くだけ簡単美脚トレーニング!新感覚ルームシューズ『KAMOLEG』で、おうちフィットネス始めてみませんか?
コスメティックブランド『rihka』から、猫をテーマにしたネイルポリッシュ発売
<美肌部・第五回>「しっかり潤うケアを続けて、肌がワントーン明るくなりました」
<ku:nel×アートネイチャーVol.1>ヘアケアシリーズ『ラボモ(LABOMO)』で指通りもよくなり髪の変化に感激です。

『ku:nel』2020年11月号掲載

写真 柳原久子、酒井麻由子 / 取材・文 鈴木麻子、酒井祥子

キーワード