Promotion

<ku:nel×アートネイチャーVol.1>ヘアケアシリーズ『ラボモ(LABOMO)』で指通りもよくなり髪の変化に感激です。

アートネイチャー 常盤さん

ウィッグのパイオニアであるアートネイチャーが、クウネル・サロンで全6回の連載をスタート。クウネル世代がアートネイチャーの商品に実際に触れ、体感するリアルストーリーをお届けします。初回は『ラボモクールキューブ スズカ』のシャンプ―&トリートメントと、『ラボモ スカルプアロマ アウトバストリートメント』をピックアップしました。

さまざまなヘアケア商品を経て

華やかな顔立ちに金髪がしっくりなじむ榎本嘉代子さん。「アートネイチャーはもちろん知っていましたが、ヘアケア商品も扱っているとは初耳。クセ毛のため、中学生の頃からいろいろなヘアケア商品を使ってきました。髪専門会社の商品だからこそ、使うのが楽しみ!」。シャンプー&トリートメントとアウトバストリートメントを1ケ月使用しての榎本さんの本音トークです。

「お風呂で使うものはデザインも大事。おしゃれなパッケージで、しかも男女問わず手に取りやすい色使いがいいですよね。証拠に、夫と息子も私に内緒で使っていました」

「私の髪の長さではシャンプーは1プッシュで十分。生クリームのような細かい泡立ちで、絶妙の清涼感が夏にぴったりの心地よさです。毛穴もすっきりキレイになった気がします」

「ブリーチしている髪にトリートメントは欠かせません。適量を手に取り、少し時間をおいて洗い流すと、指通りのいい髪に。優しいフローラルの香りで気持ちまで爽やかになります」

/

髪は、美容師をしている弟にお任せをしているという榎本さん。「ヘアカットもヘアカラーも弟にしてもらっています。私の髪はねこっ毛のクセ毛。ブリーチも影響してか、乾燥して広がりやすいのが悩み。だから毎日、ヘアケアは入念にしています」。

洗髪は基本夜、そのプロセスは……シャンプー&トリートメント(又はコンディショナー)をしてしっかりタオルドライ。それから、アウトバストリートメントで髪を保護してから、ドライヤーで乾かす、というまさにフルコース。

ソフトな清涼感がクセになる

「これだけ髪には時間と手間をかけているので、使う商品も妥協しません。だから『 ラボモクールキューブ スズカ 』にも興味津々でした」。約 1ケ月 使い続けての感想は?
「清涼感があるシャンプー&トリートメントとのふれこみ。スースータイプがあまり得意でない私は、使うまでは正直心配でした。でも、洗っているときは『少しスーッとしてる?』というぐらいの感じ方で、ドライヤーで乾かした後にソフトな清涼感が! しかもそれが持続するのに感激しました」

アートネイチャー 常盤さん
左)心地いい冷たさでふんわりした洗い上がり。ラボモクールキューブ スズカ シャンプー 270mL 2,750円。右)しっとりとした艶やかな髪に。ラボモクールキューブ スズカ トリートメント 180g 3,300円/アートネイチャー

オイルでスタイリングをすることが多い榎本さんが「このシャンプーは1回で汚れもオイルも落とせました。優しい洗い上がりなのに洗浄力もあるのがすごい。トリートメントのおかげか、髪の指通りも良くなったようです」

「夜、髪を洗ってタオルドライした後や、お出かけ前のスタイリングでもシュッと手の平に出して。このローズやラベンダーの香りも好きです」

「毛先や髪全体に馴染ませるように。美容保湿成分でブリーチや紫外線で傷んだ髪も補修してくれるよう。息子も出かける前に使っているんですよ」

/

使い続けるうちにクセ毛も梳かしやすくなりました

「出産後は抜け毛がひどく、前髪も薄くなり、かなりショックを受けました。だからか髪を労わろうという気持ちが強いですね。さらに、若い頃から明るく染めたりブリーチをしていたので、アウトバストリートメントは長年使っています。この『ラボモ スカルプアロマ アウトバストリートメント』はべた付くこともなく、髪にスッと入っていくよう。使い続けるうちに絡まりやすいクセ毛も梳かしやすくなりました。心なしか髪に艶も出たかしら」と、納得の表情の榎本さん。

タオルドライ後、スタイリング前に使う洗い流さないヘアトリートメント。ラボモ スカルプアロマ アウトバストリートメント 95mL 2,970円/アートネイチャー

レディースアートネイチャーのテレビコマーシャルや雑誌などの記事を見るたびに、ウィッグもファッションの一部と感じていました。そういうおしゃれマインドを持つ会社のヘアケア商品は、愛用したい、これからも使いたいと思わせてくれる魅力がありました。髪も気持ちも充実の 1ケ月 に大満足です」

撮影/松村隆史 取材・文/河田実紀(ハタラク)

キーワード