ジュリア・オージェ x Ku:nel
EMI SAKAEDA
Promotion
ジュリア・オージェ x Ku:nel
EMI SAKAEDA

<ku:nel×アートネイチャーVol.4>ウィッグショップ『ジュリア・オージェ』でウィッグをファッションのように楽しみたい!

ウィッグのパイオニアであるアートネイチャーが、クウネル・サロンで全6回の連載をスタート。クウネル世代がアートネイチャーの商品に触れ、体感するリアルストーリーをお届け。Vol.4は、レディースアートネイチャーの既製品ウィッグショップ『ジュリア・オージェ』を、誌面のファッションスナップでも登場いただいたことのある酒枝えみさんが訪ねます。テーマは「ファッションのようにウィッグを楽しみたい!」

服のデザイナーとして、ウィッグもファッションのように楽しめたなら。

BOUTIQUE TOKYODRESS(ブティック トウキョウドレス)のデザイナーである酒枝えみさんの義母は、大のウィッグ愛用者だそう。「身近でウィッグを楽しんでいる義母を見ているので、ウィッグに惹かれるものはあります。ファッションの世界で仕事をしている者としては、帽子のようにファッションの一部としてウィッグを楽しめたならという思いで、今回の取材をお引き受けしました。ウィッグで変身した自分も見てみたい!」

Try!①
なりたい髪型を体験
ボブスタイル/オールウィッグ

今回の取材では、酒枝さんがデザイナーを務めるBOUTIQUE TOKYODRESSの服を3着用意いただきました。「ウィッグ×服のコーディネートのバランスを体験してみたくて」と言う酒枝さん。まず、気に入って試着したのが落ち着いたブラウンカラーのボブのオールウィッグ。「前髪のあるボブスタイルの自分を見たかったので嬉しいですね」

Try!②
明るいカラーにもなじみやすい
新商品レフィア カレン/部分ウィッグ

酒枝さんがデザインする服は、①心地良い素材 ②着る人がより映えるシルエット ③細部までのこだわり これらを大事にしていると言います。「ウィッグも服と一緒ですね。まるで本物の髪のような質感で、つけても違和感がなく、丁寧に仕上げられている。この部分ウィッグも初めてでも手軽に使えて、しかもアレンジもできるなんて…」

酒枝さんが感激した部分ウィッグは、新登場『レフィア カレン』。酒枝さんの服に込める思いと同じように、たくさんの魅力が詰まったウィッグです。その魅力とは……。

魅力①ピンが苦手な方でも、簡単に装着が可能に。②「クロス植毛」採用で生え際がさらに自然に美しく。③ワイドになった幅広スキン採用で分け目の位置を自由自在に。④ヘアスタイルのキープ力と自然さをUPする新毛髪で理想のヘアスタイルを実現。

既製品のウィッグのイメージが180度変わること間違いなし!

Try!③
驚きのイメージチェンジ!
J.all(ジェイ・オール)/オールウィッグ

3つめに試着したのは、何色も繊細な色が入ったショートのオールウィッグです。「まさに大変身でびっくりしています。ウィッグだけでなくファッションとのバランスでコーディネートできたらと思い、スタイリングしました。まとめ過ぎない、かっちりし過ぎないのがポイントかもしれません」

服と同じようにウィッグも自分の好みを見つけたい。

3タイプのウィッグを試着した酒枝さんに感想をうかがいました。「服以上に髪形でイメージが変わることを今回の試着で実感しました。こういう服が好き、こんなデザインの服が私には似合うというように、ウィッグも自分が好きな形を見つけていけたら、それがこれからの大人の女性としてのおしゃれの楽しみ方になるかもしれません」


WIG STYLE COLLECTION


アートネイチャーの既製品ウィッグを数多く取り揃えた『ジュリア・オージェ』は全国にあります。ウィッグを購入された方には嬉しいアフターサービスも。詳しくはホームページをチェック。

INFORMATION

ジュリア・オージェ ショップ

お問い合わせ:0120-06-0480
https://www.julliaolger.jp/shop/

PROFILE

酒枝えみ
酒枝えみ

『TOKYO DRESS』デザイナー。

自分らしく生きること、ファッションを心から楽しむことを、エレガントに表現している女性たちへ向けて「BOUTIQUE」「VACANCES」のラインでブランド展開中。上品で丁寧なものづくりを大切にしながら、イノベイティブで、チャーミング、タイムレスなスタイルを提案する。

https://boutiquetokyodress.com

 

CREDIT

撮影(静止画) 玉井俊之/取材・文 河田実紀/メイク 伏屋陽子(ESPER)/監修  原 千香子/撮影(動画):日和大樹