【アジアンスイーツ④】香港伝統の甘い点心やペルシャスイーツなど、おしゃれで上品なスイーツ。

香港伝統の甘い点心、一度は食べてみたいですよね。そのほか、洗練されたペルシャスイーツはアラブの王族も御用達の一品◎今回は、普段あまりお目にかかることのない各国のスイーツをお届けします。


from hong kong
香港伝統の飲茶の甘い点心
家全七福酒家(カゼンシチフクシャカ)

エッグタルトや蒸し饅頭、胡麻団子といった香港伝統の飲茶の甘い点心、ときどき食べたくなります。広東料理の名店では以前からさすがの対応で、持ち運びに不向きなメニュー以外、テイクアウト可能。もちろんランチ時に店内で点心類をという選択も。旧福臨門の正統を受け継ぐ黄点心長による甜品を噛みしめると、思いは香港に。

香港飲茶の正統名皿を気軽にテイクアウト!

万年人気筆頭のプリンタルト(エッグタルト)。
愛らしいハリネズミ型揚げ饅頭、蒸した黒ゴマ餡のゴマ饅頭各3個で各¥1,200
タピオカ入りココナッツミルク¥1,100 どれもシンプルで極みの味。

from persia
UAE王族にも人気のペルシャスイーツ
VIVEL PATISSERIE TOKYO(ヴィヴェル パティスリー トウキョウ)

イラン出身の女性が、1992年ドバイに1号店を開いた高級スイーツショップが、表参道に上陸しました。アラブ圏で特徴的なひよこ豆やデーツ、ナッツ類等を使いペルシャ伝統のレシピで作られたスイーツは、すべてドバイからの直送。見たことすらないおしゃれなお菓子が並ぶ様子には心躍ります。

初めての体験!洗練のペルシャスイーツを味わう。

焼菓子やデーツの菓子10種以上が揃うシックで華やかなショーケース。
1個¥100~ アラブ圏のパーティでは、小さいサイズの焼菓子を盆にずらり並べてサービス。
VIVELブランドはUAE王族にも人気。
30種のオリジナル紅茶を揃えるティールームにて。ナッツを挟んだデーツ、カルダモン香るひよこ豆の菓子、ノコッチなどをお供に。
独特の素材使いのホワイトチョコベースのトリュフ。ローズトリュフ、サフラントリュフ 各¥1,400

from india
8種中2つを選ぶ組合せ
Curry Spice Gelateria KALPASI(カリースパイスジェラテリア カルパシ)

カレーの世界で絶大な人気を誇る店カルパシが、定食とジェラートの新店を発進。シェフ黒澤さんの強い探求心と熱い思いで生まれるジェラートは、アジア各地のスパイスをフィーチャーし一つ一つ斬新、安定の芳醇を感じます。8種中2つを選ぶ組合せも楽しんで。カレー後でもジェラートだけでも。

人気スパイス料理店が創作唯一無二のスパイスジェラート。

右:花椒ショコラーデとカルダモン ピンクグレープフルーツ。
左:ブルーチーズ ローストクミンシードとマサラチャイ。
ジェラート ダブル 各¥530(税込) 混ぜて食べるのがおすすめ。
頻繁に新テイストが登場。

『ku:nel』20211月号

写真 小出和弘/ 取材・文 原 千香子

●スイーツの記事、そのほかいろいろ
大川雅子さんの代表菓子・スペシャリテ/物語編。【バナナブレッド】若き日に出会った大切な味。
大川雅子さんの代表菓子・スペシャリテ/レシピ編。【バナナブレッド】30年以上作り続けるシンプルだけど奥深い味。
おいしいものの宝庫!神戸で人気集中のスイーツ3選をお取り寄せジョエル・ロブションが贈る夏限定のお取り寄せスイーツ「エテ~瀬戸内産レモンのお菓子~」で、極上ティータイム。
いまだけのお楽しみ!メロン×チョコレートが競演。『ピエール マルコリーニ』のメロンパフェ

キーワード