大人の遠足にピッタリな松本。民藝の街はクラフト好きにはたまらない。グルメも充実です。

松永加奈 特急 あずさ 長野 松本駅

帰省のため長野県松本市を訪れたという松永加奈さんが松本の街をレポート。松本は民藝の街、帰るたびに面白い発見があり散策を楽しんでいるのだとか。

松本は都内から日帰りでも行けます

先日、所用があり帰省しました。実家があるのは長野県松本市。新宿から特急「あずさ」で2時間40分、高速バスで約3時間。都内からの出張なら日帰り可能で、週末を利用した小旅行にちょうどいいくらいの距離といったところでしょうか。

松永加奈 特急 あずさ 長野 松本駅
特急「あずさ」が到着すると「まーつもとーまーつもとー」という、昔から変わらないちょっと独特な響きのアナウンスが流れます。

松本といえば、松本城に始まる城下町として有名ですが、昔から「民藝のまち」でもあります。学生の頃から通っている洋食屋さんや喫茶店には民芸家具が揃い、蔵造りの建物が並ぶ通りにはクラフトショップが揃い、今になってみると「文化的な素地のあるいい環境にいたな」と思います(当時はなーんにも感じていませんでしたが)。

長野 松本城 ランドマーク
大人になるまで中に入ったことがなかった松本城。地元のランドマークって意外に入ったことがないという人も多いのではないでしょうか?

そして、もともと音楽や演劇といったアートイベントが盛んで、20年ほど前に美術館や芸術館が登場したのがきっかけ…かどうかは分かりませんが、その頃から旧建築を活かしたモダンなスポットが増えて、全体のカルチャー要素が濃いめになったような印象。帰省するたびに面白い発見があり、散策が楽しみになっています。

忙しい中、美味しい食べ物やお土産を求めて…

ただ、なかなかゆっくりする時間がないのが大人の現実。今回の帰省も慌ただしい予定の中、なじみの「お蕎麦」「甘いもの」「手土産」「日用品」を求めて走りました。

まずは街の中心にある大正創業の『小松パン』へ。 お目当ては、メディアでも注目されているご当地パン〈牛乳パン 〉 。大きいお弁当箱のようなサイズでバタークリームのような固めのクリームたっぷり!が特徴です。しかし、まさかの予約制になっていて買えず!最近話題になっていたのは知っていましたが、ここまでとはー。気を取り直し、こちらも信州名物〈味噌パン 〉 を購入しました。

味噌パン 小松パン ご当地
知る人ぞ知る〈味噌パン〉を『小松パン』で。ぼそぼそした食感とあまじょっぱい味は牛乳とベストマッチなのです。
スイート お店 小松パン 牛乳パン
「地元パン」で今や全国区の牛乳パンといえば「小松パン」…でしたが、予約制で買えず。いつも行くパン店『SEEET 並柳店』で発見。
/

そこからほど近い中町の『陶片木』を訪ね、素敵なクラフト食器の中から花瓶を。置いておくだけでも気分が上がる高いデザイン性と、使い勝手の良さを持ち合わせた器の数々には、国内はもとより海外のファンもいっぱい。店主のセンスがぎゅっと詰まった空間に心ときめきます。 このエリアには蔵造りの建物と個性的なお店が充実、城下町の風情が漂っています。


●craft
陶片木


うつわ屋 陶片木 長野 観光 中町 工芸
なまこ壁が並ぶ「中町」は工芸やクラフトのメッカ。情緒を感じる通りは観光客にも人気です。うつわ屋「陶片木」の2階より。
陶片木 やかん 観光
「陶片木」には欲しいものがありすぎて、いつもそわそわ。こちらは存在感のあるやかん、素敵です。
コーヒードリップ 道具 ネルドリップ 
コーヒーを淹れる道具一式。かっこよくてしばらく眺めていました。いつかはネルドリップに挑戦したいものです。
ガラス 花瓶 クラフト
今回はガラスの花瓶を連れて帰りました。一緒にいた母もお揃いのものを。1つ1つ表情が違うのがクラフトの良さですね。
/

同じ通りにある『竹風堂』で栗おこわを買って帰るのも楽しみの1つ。イートインもあり、民芸調の店内でお食事もOKです。10分ほど歩き、和菓子の『豆庵』でお土産とおやつの甘いもの選び。ご主人がおひとりで丁寧に作り上げる見た目も美しくおいしい和菓子は、お城のお茶席にも上がります。


●food
竹風堂、 豆庵


民芸 栗みつ 菓子
『竹風堂』の店内も民芸調。以前クウネルサロンで紹介されていた〈栗みつ〉もあります。
竹風堂 栗おこわ 冷凍
子供の頃から大好きな『竹風堂』の栗おこわ。甘くて大きな栗がたっぷり。東京へ戻る前に購入し、夕飯に。冷凍タイプもあります。
寒氷 長野 手土産 
城下町には和菓子の名店が多く、実家では『豆庵』がお気に入り。寒天と砂糖を練り固めた「寒氷」は手土産にとても喜ばれる逸品。
あんわらび 菓子 長野 松本
ぷるんとした食感に上品な甘さがたまらない『豆庵』の〈あんわらび〉。丁寧なお仕事ぶりが伝わるなめらかさがたまりません。
/

帰省したら絶対に外せないお蕎麦は、中心地から少し足をのばして『手打ちそば たきざわ』へ。しっかりした味わいの田舎蕎麦を食べるたびに「あーお蕎麦の味がするー」と、ほっとします。


●food
手打ちそば たきざわ


蕎麦 たきざわ グルメ
お蕎麦といえば我が家では昔から『手打ちそば たきざわ』。しっかりと香りを感じる田舎蕎麦は大好物。ご主人はきのこ採り名人です。

プライベートブランド大充実のスーパー『ツルヤ』

車で出かけたついでに、プライベートブランド商品が大充実の「スーパーツルヤ」に立ち寄って、いつもの食材、ご当地の味のお土産の買い出しも万全。

ツルヤは「ご当地スーパー」で話題なのだそうで、 地元の人たちも最近の時流に「何がきっかけで人気になるかわからないねえ」とびっくり。買い物しながら「…となると、次は何が来るんだろう?」と、ついきょろきょろ。全国区になりそうな日常のもの…この先読みは難しいですね。


●super market
ツルヤ


コンフィチュール ローカルスーパー ツルヤ 土産
ローカルスーパー「ツルヤ」はPB商品がかなり充実していることで有名。帰省すると必ず買うコンフィチュールもこんなに種類が!
ドライフルーツ 土産 ローカルスーパー 
同じくドライフルーツもこの通り。おいしくて手軽なので周りにもファンが多く、お土産にもよく買います。
ドライフルーツ 不知火 大袋 食べ歩き 菓子
先日は「不知火」を。あっという間に食べきってしまうので、ものによっては大袋タイプもおすすめ。
/

あちこち変化がある一方、遠くに見える北アルプスや公園の緑、そしてなんといっても街の中心にどんと構えるお城の佇まいはそのままで、いつ帰ってもほっとする景色です。5月には3年ぶりに「クラフトフェア松本」が開催される予定だそう。久しぶりに訪ねてみるつもりなので、その様子はまたこちらでご紹介します。

結城アンナ インスピレーションの扉

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

Promotion

キーワード