タンスの奥のお宝発掘!くたびれた『エルメス』のスカーフはパリ経由で、ピカピカになって戻ってきました。

石黒美穂子 エルメス MIGO LABO

学芸大学の生活雑貨の店『MIGO LABO』の店主であり、フォトグラファーとしても活躍する、クウネル・サロンプレミアムメンバー石黒美穂子さん。クローゼットの中に眠っていたエルメスのスカーフのメンテナンスを、ダメ元で『エルメス』に依頼したら、パリにてクリーニングをすることになったのだそう。

昨年、投稿したエルメスのスカーフの記事は反響があり(さすがは『エルメス』!)と思っていました。実はもう一枚、<カレ90 > のプリーツスカーフがクロゼットの中で眠ったままでした。というのも汚れが気になってきてクリーニングに出したところ、プリーツが消えて、汚れだけが目立っていまい、巻ける状態ではなかったからです。

ダメ元で『エルメス』に問い合わせたところ、クリーニングとプリーツ加工は可能との事。昨年の秋に『銀座メゾンエルメス』に持ち込んだところ「パリに送り作業するので、約6ヶ月ほど掛かります」とのこと……。その長さに一瞬、躊躇しましたが、折角なのでお願いすることに。

『銀座メゾンエルメス』へ依頼しました

石黒美穂子 エルメス MIGO LABO
『銀座メゾンエルメス 』にいざ出陣!
石黒美穂子 エルメス MIGO LABO
身に着けることの出来る状態ではないプリーツのなくなった悲しいスカーフ。見積もりの値段も出るので安心して、出せます。
/

それから半年のある冬の日。クリーニング完了の連絡を受けて、ショップに出向きました。スカーフのプリーツは見事に復活!!汚れは完全に落ちたわけではありませんが目立たなくなり、『エルメス』を象徴するあのオレンジの箱に収まっていると、まるで新品のよう。嬉しくて小躍りしそうな気持ちをぐっと抑えて、店を出てすぐに巻いてみました。

美しく生まれ変わったスカーフ

石黒美穂子 エルメス MIGO LABO
気品溢れるボックスに入ったスカーフ。
石黒美穂子 エルメス MIGO LABO
費用は¥13,200 (税込)と安くはありませんが満足のいく仕上がりです。
石黒美穂子 エルメス MIGO LABO
ブルーのG-STARのPコートとのカラーリングはバッチリ!
石黒美穂子 エルメス MIGO LABO
帰りはオレンジ色の手提げ袋を持って、銀ブラ。
/

クローゼットで眠ったままだったスカーフはパリに行き、美しく蘇り戻ってきました。これぞ、ハイブランドのなせる技です。
プリーツのスカーフは大きさの割にボリューム抑えめ。春のコーディネイトにも活躍しそうで今から楽しみです。

石黒美穂子 エルメス MIGO LABO
ネイビー&綺麗な水色はオールシーズン使えるカラー。

【information】
スカーフといえば、、、
3月19日(土)に「スカーフ」をテーマに、ファッションスナップを開催します。3月19日(土)銀座にて「おしゃれスナップ」を実施。「春のスカーフおしゃれ」でぜひご参加を!

●石黒美穂子さんに関する記事
「秋冬トップスを選ぶ基準はスリーシーズン着回せるアイテム」。差し色を入れておしゃれを楽しみます。
贅沢したいのはパジャマ。パリ在住フォトグラファーが、闘病生活を機にプロデュースした上質パジャマ。
長年眠っていた『エルメス』のスカーフを今こそ投入。大人のデニムカジュアル。
大人のアウターに「軽さ」は必須。春まで活躍を見越して買い足したアウター2枚はこれ。
永久交換OK?!とことん履き続けられる丈夫でおしゃれな『GLEN CLYDE』の靴下。
すっきり細見え、何にでも合う!『パタゴニア』のパンツと『ユニクロ』のワンピース。【2021年買ってよかった】
50代おしゃれにブローチがおすすめです。地味化しがちな冬コーデを一瞬で個性的に。
日本にも第3次ブーム到来!韓国から派生?マクラメって?
令和の向田邦子?!ジェーン・スーさんを深掘り。『生きるとか死ぬとか父親とか』が沁みる…。

バルミューダフォン スマホ 菜木のり子

スマホといい距離感で暮らしたい。 〈バルミューダ フォン〉で築く、 豊かな時間、快適な暮らし。

Promotion

キーワード