いつか娘の嫁入り道具にも…。メイドイン新潟『GLOBAL』の包丁には、研ぎ直しや名入れサービスも。

名前入れ マイ包丁 料理

学芸大学の生活雑貨の店『MIGO LABO』の店主であり、フォトグラファーとしても活躍する、クウネル・サロンプレミアムメンバー石黒美穂子さん。そんな石黒さんが台所で愛用中なのはGLOBALの包丁。最近、研ぎ直しや名入れをしてから毎日の台所仕事が一段と楽しくなったとのだとか。


一目惚れしたGLOBALの包丁には驚くべきサービスが


長年使っているGLOBAL(グローバル)の包丁を研ぎ直し、名前を入れてもらったら、調理が一段と楽しくなりました。

以前、調理道具に凝って無水鍋やル・クルーゼなどを買っていた時期がありました。その頃に雑誌のキッチンツール特集に掲載されていたクールなデザインのグローバルの包丁に一目惚れしてペティーナイフを即購入。

使いやすいので大きな牛刀も購入し、2本とも愛用しています。買った当初は切れ味の良さに感動して、せっせとシャプナーで刃を研いでいましたが次第に手入れを怠るようになっていました。

近所で何度か研ぎ直しをしてもらいましたが使い始めの切れ味が戻ることはありませんでした。そんな中SNSで偶然、 グローバル の研ぎ直しサービスがあることを知り、六本木直営店に持ち込み、見てもらうことにしました。

包丁 GLOBAL 牛刀 シャプナー ナイフ 調理道具
研ぎ直されて名前が入った包丁は新品のようにピカピカ。 シャープな切れ味が素晴らしく、使い始め頃の感覚が蘇ります。
GLOBAL 牛刀 シャプナー ナイフ 調理道具
数々のデザイン賞を受賞している名作としても名高いGLOBALの包丁。
台所 包丁 キッチン GLOBAL 牛刀 シャプナー ナイフ 調理道具
研ぎ直し前は刃に細かい傷があるのがわかります。 2本とも台所仕事の大事なバディー。
/

グローバルを製造販売している吉田金属工業(YOSHIKIN)は1954年に新潟県で創業したステンレス包丁メーカー。洋食器のナイフを応用して作られた グローバル シリーズは世界初のオールステンレスの包丁として1983年に販売されました。

プロの調理人や料理研究家だけではなく、芸能人や料理系のユーチューバーなど幅広い客層に支持されています。六本木アクシスビルにある直営店では包丁を知り尽くしたスタッフがお客様ひとりひとりのライフスタイルに合わせて、セレクトしてくれるので安心。

実際に野菜を切る試し切りができていろいろ比較しながら選べるので失敗はありません。また、包丁の正しい取り扱いについても詳しく教えてもらえて、とても勉強になりました。今回、私は店頭で研ぎ直しと名入れをお願いしました。

YOSHIKIN直営店 吉田金属工業 ステンレス 包丁
1999年オープンのYOSHIKIN直営店。国内販売されている商品はもちろん、ここでなら海外輸出品も購入できます。
犬印鞄 包丁 吉田金属工業
直営店には限定販売されている犬印鞄とのコラボ商品包丁ケースも。アウトドア需要で人気なんだとか。
吉田金属工業 包丁 料理
ステイホームで料理をする人が増えてきて、お魚を捌く人など専門的な包丁を購入する方の相談も多いそうです。
吉田金属工業 包丁 名前入れ サービス
名入れサービスは1本につき25文字まで¥1,100(税込)書体は筆記体・ゴシック体の2種類。プレゼントにも人気のサービスです。
吉田金属工業 包丁 お試し
ショップで用意してくれた試し切りのトマトをカットすると明らかに自分が使っていた包丁との違いに愕然。
/

受付から約10日で手元に戻ってきた2本の包丁。しっかりメンテナンスされていて、使い始めた時の感動が蘇ってきます。葉物を切っていると効果音のような「サクッサクッ」という音が聞こえ、料理が一段と楽しくなりました。

何を切っても包丁の重みだけでスイスイ切れ、切り口もシャープ。以前は少し皮の部分に抵抗を感じていたナスはスムーズに包丁が入り、キュウリの千切りも細く美しくカットできて大満足。

名前いりの包丁に娘も「カッコいいじゃん!」と羨ましげでいつの日か嫁入り道具に買ってあげようと決めました。 グローバル の研ぎ直しや名入れは毎日の台所仕事が楽しくなるのでオススメです。

名前入れ マイ包丁 料理
自分の名前が入っているマイ包丁で料理のモチベーションアップ!!
料理 ポン酢和え 
何でもないキュウリとワカメのポン酢和え。キュウリの千切りが薄く綺麗に切れるので、仕上がりも美しいと自画自賛。
研ぎ直し サービス 包丁 
研ぎ直しが終わり戻ってきた2本の包丁。送料込みの料金の1丁・¥1,100(税込)はお客様への感謝の気持ちがこもっています。
研ぎ直し サービス 説明書 包丁
預かりと同封されていた研ぎ直しサービスの工程の説明書き。丁寧な仕事ぶりがわかります。
名前入れ 包丁 マイ包丁
「MIHOKO」と刻まれていて、以前にも増して思い入れもひとしお。
オンライン サービス 研ぎ直し 包丁
オンラインからでも申し込める研ぎ直し。発送の場合は厚紙などで刃の部分をガードしてレターパックなどで送ります。
/

石黒美穂子さんに関する記事
「秋冬トップスを選ぶ基準はスリーシーズン着回せるアイテム」。差し色を入れておしゃれを楽しみます。
贅沢したいのはパジャマ。パリ在住フォトグラファーが、闘病生活を機にプロデュースした上質パジャマ。
長年眠っていた『エルメス』のスカーフを今こそ投入。大人のデニムカジュアル。
大人のアウターに「軽さ」は必須。春まで活躍を見越して買い足したアウター2枚はこれ。
永久交換OK?!とことん履き続けられる丈夫でおしゃれな『GLEN CLYDE』の靴下。
すっきり細見え、何にでも合う!『パタゴニア』のパンツと『ユニクロ』のワンピース。【2021年買ってよかった】
50代おしゃれにブローチがおすすめです。地味化しがちな冬コーデを一瞬で個性的に。
日本にも第3次ブーム到来!韓国から派生?マクラメって?
令和の向田邦子?!ジェーン・スーさんを深掘り。『生きるとか死ぬとか父親とか』が沁みる…。

バルミューダフォン スマホ 菜木のり子

スマホといい距離感で暮らしたい。 〈バルミューダ フォン〉で築く、 豊かな時間、快適な暮らし。

Promotion

キーワード