〜服のプロが本気で選ぶ一軍服vol.11〜気になる部分が素敵に隠れる! 『SI-HIRAI』のシーズンレスで着まわせるハイネックワンピース。

SI-HIRAI デニムジャケット

お洒落のプロのみなさまに、自信を持ってお勧めしたいファッションアイテムをご紹介いただく連載の第11回。

今回の推薦者は、si-si-si comfortの平井慶子さん。『SI-HIRAI(スーヒライ)』の服をいつも愛用し、着心地や年齢を重ねるごとに出てくる体型の悩みを意識した女性ならではの視点でその良さをブログなどでも伝えています。『SI-HIRAI』は、慶子さんの夫で、デザイナー平井達也さんによるブランド。トラディショナル、フォークロア、旅をモチーフに いつの時代でもフィットするオリジナルコレクションを展開しています。


すっぽりと覆ってくれるから気になる部分が素敵に隠れる!


スーヒライ 平井慶子 Iラインドレスロング
『SI-HIRAI』Iラインドレスロング(30,800円 素材:SILK LINEN TWEED/LINEN75% SILK 25% 着丈:130cm)

素材はメンズライクで辛口なイメージですが、たっぷりのドレープを取り入れた、甘すぎない女性のドレスです。

「上から言いますと頭(白髪)首、二の腕、ウエスト、お尻、足と…。人によって色々気になるところがあります。この服だと、首回りの程よい立ち具合とその離れ加減、ウエストやヒップ、そして足をすっぽりと覆うところ、肩の筋肉が盛り上がるところがうまく隠れてくれる、着ていて『安心感』があるものというのが、わたしが考える『一軍服』です。」

この『安心感』の要素のどれか1つが当てはまるものが、一軍服コーナーに入っているかな、と今回自分のクローゼットをチェックしてみて解りました。

背後 服 SI-HIRAI Iラインドレスロング 
横 服 SI-HIRAI Iラインドレスロング 
足元 服 SI-HIRAI Iラインドレスロング 
/

程よく離れたスタンドカラー&胸元のたっぷりギャザーが、少し気になる首回りも美しく見せてくれます。

縦に流れるドレープは、言わずもがな、Iラインを強調するので、細く華奢な印象になります。ポケット付きで便利。ロングの足捌きをよくするサイドに入ったスリットがポイントです。

後は扱いやすい大きめのボタンがアクセント。背中や肩のラインをカバーしてくれます。

カラー 服 SI-HIRAI Iラインドレスロング 
色展開は、Silver grey,Light green,Black,Black mix4色です。

定番のデニムジャケットで


大人のゆったりカジュアルスタイルに。

「ツィード素材の自然なシワ感も、麻とシルクの混紡ということで、同じカジュアルでもワンランク上の大人なカジュアルに。『si-si-si comfort』の定番のデニムジャケットも、今シーズンはゆったり目の42サイズが出来ました。このロングワンピースと合わせ、身体を解放する様な『ゆったりコーディネイト』もお勧めです」

スーヒライ デニムジャケット 平井慶子
デニムジャケット『si-si-si comfort』(22,000円 42サイズ)

ジレを合わせて少しドレスアップ


スーヒライ リネンワンピース ジレ 平井慶子

こちらのコーデは、前は長くドレープで、後は短く足が長く見えるという前後のデザインが違うジレ。黒のリネンシルクで光沢のある素材と合わせるとさりげなく落ち着いたお洒落が出来ると思います。

「黒とベージュ系のミックスカラーで、落ち着いた印象になりますので、ゴールドのアクセサリーや大振りのバングルなどでドレスアップすると、華やかになりますよ」

春夏だけでなく、秋冬にはカットソーを重ねたり、温かなローゲージのニットを合わせたり、重ね着次第ではシーズンレスで着れるので、便利さと上質さが揃った1枚です。

ジレ 服 スーヒライ 平井慶子 Iラインドレスロング 
ジレ『SI-HIRAI』(35,200円 素材:LINEN72% SILK28%)

大阪の京町堀にあるアトリエショップSI ET SISISIは、現在金曜・土曜がOPEN DAYです。

撮影/わたなべよしこ 取材・文/鈴木理恵

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード