〜服のプロが選ぶ一軍服vol.005〜巻いて羽織って大活躍!ロングシーズン使い回せる『ジョシュア エリス』の極上カシミヤストール。

持っていて損なし!の活躍必至なファッションアイテムをお洒落のプロにおすすめいただくファッション連載第5回。大判ストールブームが続いていますが、お洒落上手な大人たちから圧倒的な支持を集めているのが英国ブランド『Joshua Ellis(ジョシュア エリス )』。

極上のカシミヤだけが持つなめらかな肌触り、さりげないモード感が演出できる洗練されたチェック柄が魅力です。いつも旬のアイテムを上手に取り入れているフリーランスPR稲葉ひろ子さんに、おすすめの1枚と洒落た使い方を教えていただきました。

■モダンな色柄をさらりとまとえば着こなしがぱっと華やぐ

1767年創業の英国・老舗ブランド『Joshua Ellis(ジョシュア エリス )』。生地織りから仕上げまでの工程をそれぞれエキスパートな技を持つ職人約50名が手がけるというこだわりに信頼も厚く、名だたるメゾンブランドへの生地提供もしているそうです。

ストール、マフラーは表面起毛をする際に緯糸(よこいと)を起毛するためチェック柄がぼやけてしまうことが多いそうなのですが、Joshua Ellis(ジョシュア エリス )』は熟練の職人たちの技術で縦糸部分の配色も失わずに完成度の高い美しいチェック柄を作り上げることができるのだそう。そして特筆すべきは、なんといっても触れたらわかるなめらかなカシミヤのタッチ。軽くて暖かいので、秋口は羽織りものとして、冬本番はコートにプラスしてと使い勝手も抜群。

ストール1
「柄が綺麗なので、グルグル巻くよりも首に垂らす感じがおすすめ。左右で柄も色も非対称なデザインなので、巻いた時に細見えします」。ストールPrimary Black Watch 62,700円 洋服はご本人私物

「ここ何年かビッグシルエットやボリュームのある服が多いので、この秋は、ビッグシルエットにも負けない存在感のある大きめなチェック柄を選びました。伝統的なブラックウォッチをモダンに拡大したインパクトのある色柄で一見合わせにくそうに見えるかもしれませんが、ブラックやチョコレートブラウンがベースなので、どんな服にも合わせやすく、ほぼ毎日愛用しています」

■立体的な三角巻きなら全身のバランスアップも狙える

ストールは好きだけど首にぐるぐる巻くとなんだかバランス悪く見えてしまうという方には、目線が上がってバランスよく見える三角巻きがおすすめ。顔をふんわりと包み込むようにゆとりを持ってぐるぐると巻いて、端の部分が三角に見えるようにフロントで調整するだけ。巻き終わりをピンやブローチで固定すると崩れにくく素敵です。チェックの柄を全面的に楽しみたい時はアウターのようにふわりと羽織るのもいいですね。

ストール三角巻き
同じ場所にぐるぐると巻くとボリュームが出過ぎてしまうので、少しずらして巻いていくのがポイント。三角部分をサイドに回したりと、着こなしや気分に合わせて自由なアレンジを楽しんで。

ストールをのままふわりと肩に羽織るだけ。ベースの色が落ち着いているから、個性的なバイカラーのスカートにも馴染みます。

華やかなチェック柄が全面に出て後ろ姿も華やか。

/

同じチェック柄でも、色味が違うだけで雰囲気がガラリと変わるのもジョシュアエリスのストールの魅力。グリーン系はクールでこなれた印象に。定番から新作まで色柄のバリエーションも豊富なのでお気に入りを探してみてくださいね。

ストールPrimary Black Watch 62,700円 洋服はご本人私物

取材・文/吾妻枝里子

▼これまでの『服のプロが本気で選ぶ一軍服』はこちら▼

新連載〜服のプロが本気で選ぶ一軍服vol.001〜『ヨーガンレール』熟練の職人技が光る手織り&手刺繍のブラウスとは?

〜服のプロが本気で選ぶ一軍服vol.002〜『プレインピープル』満を持して再生産された上質素材のオールインワンは、毎日着ていたい心地よさ。

〜服のプロが本気で選ぶ一軍服vol.003〜『プルミエアロンディスモン』の洒落見えパンツ&名品ニット。

〜服のプロが本気で選ぶ一軍服vol.004〜感動的な軽さで厚手ニットのストレスゼロ!スタイルアップ効果もあるロングカーディガン。

キーワード