日本でもおなじみのアーケード商店街の元祖はパリ、「パッサージュ・デ・パノラマ」にあった!

フランス パッサージュ・デ・パノラマ 風景

パリとフランスにまつわる情報サイトTRICOLOR PARISの主宰・荻野雅代さんと桜井道子さんおふたりが、毎月交替でフランスから日々の暮らしをご紹介。第7回目は荻野さんが日本でもお馴染みのアーケード商店街の元祖であるパッサージュ・デ・パノラマの風景をお届けします。

商店街の元祖はパリにあった!懐かしさが詰まったパリのパッサージュ・デ・パノラマをめぐる。

パッサージュ・デ・パノラマ レストラン 商店街 フランス
ガラス天井から自然光が心地良く降り注ぐパッサージュ。細長い通路に多種多様なお店やレストランがひしめき合っている。

さまざまなお店が通路を縁取るようにして並ぶアーケード商店街は、日本でもおなじみの光景ですが、その元祖が実はパリのパッサージュだったということはご存知ですか?パッサージュとは、フランス語で通路や通り道を意味するPassageという単語から名付けられた屋内商店街のことで、Passage couvert(屋根に覆われたパッサージュ)とも呼ばれます。

雨の心配をすることなく美しいタイル張りの通路を歩きながら快適に買い物ができること、そして通りから向こうの通りへと、建物の中を通り抜けて近道できることが、当時とても斬新で画期的なアイデアとして人気を集め、18世紀後半から19世紀にかけて多くのパッサージュが作られました。

19世紀中頃から始まったオスマン知事によるパリの都市整備や新たな百貨店の台頭によって、パッサージュの数がぐんと減ってしまいましたが、現在も26のパッサージュがパリに残り、パリジャン、パリジェンヌたちの日々の暮らしに欠かせない存在となっています。


1800年に誕生した古き良きパッサージュ

フランス 手芸屋 切手商 パッサージュ・デ・パノラマ
今ではあまり見かけなくなった、町の小さな手芸屋さんや切手商などもパッサージュにはまだ残っている。
レストラン パッサージュ・デ・パノラマ
所々、はげたコンクリートの下にのぞく絵柄の付いたタイルに年季を感じる。レストランのテラス席はいつも大にぎわい。
骨董コレクション パッサージュ・デ・パノラマ
ショーウインドウに個人の骨董コレクションを飾るお店。「これは売り物ではありません」と断り書きをしているところを見ると、勘違いして買いたいと言う人がたくさんいるのでしょう。
/

さて、今回ご紹介する「パッサージュ・デ・パノラマ」は、パリ2区、にぎやかなモンマルトル大通りとパリ証券取引所の裏手にあるサン・マール通りを結ぶ、1800年に誕生したパリで現存する2番目に古いパッサージュです。(ちなみに同じく2区にある、1798年誕生のパッサージュ・デュ・ケールが現存する最古のもの)。

オープン当初、客寄せのために入口の上部に作られた2つのパノラマ(回転画)が名前の由来で、横17m、直径7mの大迫力の円筒状のパノラマに、パリや南仏トゥーロン、ローマ、エルサレムといった街の風景画が描かれ、道行く人々の目を引いていました。1831年には取り壊されてしまいましたが、今もパッサージュの名称にその名残をとどめています。

お店の軒先に掲げられた、色々な形やデザインの看板を眺めるだけでもにぎやかな雰囲気が伝わってきますが、実際、パッサージュ・デ・パノラマは、他のパッサージュに比べてカフェやレストランが多く並んでいるからか、いつ行っても活気が感じられます。


今はあまり見かけない切手商、絵葉書・ポストカードの専門店も

ビストロ風景 パッサージュ・デ・パノラマ
きっと昔から変わらない、赤と白のギンガムチェックのテーブルクロスが、いかにもパリのビストロ風情。
フランス パッサージュ・デ・パノラマ 風景
店の軒先をにぎやかに飾る看板は、どれも個性的で、じっくり見ながら歩きたい。
パッサージュ・デ・パノラマ 入口 風景 石造り
石造りの頑丈な建物が長い歴史を感じさせるパッサージュの入口。
/

注目を集める新しいレストランから、ギンガムチェックのクロスがかけられた昔ながらのビストロまで、さまざまなジャンルのお店が一緒に並んでいるので、グルメなパリジャンは必ずチェックするスポットでもあります。

また、古き良き時代のパリを感じさせてくれる活版印刷店や切手商、絵葉書・ポストカードの専門店、手芸屋さんなど、今や過去の存在となりつつある小さな個人商店に出会えるのも、パッサージュの大きな魅力のひとつです。


●トリコロル・パリのフランス通信

「いつか行きたい」南仏バカンスの景色をシェア。カンヌで気ままに過ごした幸せな10日間
サンジェルマン・デプレの秋の空気をシェア。パリはいま、街に血が通って息を吹き返したようです。
フランスでは「福袋」的な立ち位置?!大人も楽しむアドヴェント・カレンダーでクリスマスカウントダウン。
舞台はパリの街。素敵なクリスマスショーが今年も開催されています!

2月2日のフランス流・運だめし!コインを握りながらお菓子を作る風習とは?

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード