舞台はパリの街。素敵なクリスマスショーが今年も開催されています!

トリコロル・パリ

フランス在住のトリコロル・パリのフランス通信。パリとフランスにまつわる情報サイトTRICOLOR PARISを主宰する荻野雅代さんと桜井道子さんおふたりが、毎月交替でフランスから日々の暮らしを紹介してくれます。第4回目は、桜井道子さんが担当。12月になりクリスマス一色のパリの老舗デパートでは、ついつい立ち止まりたくなる色鮮やかで煌びやかなイルミネーションが。

暗い冬のパリを輝かせるクリスマスのイルミネーション

トリコロル・パリ
ギャラリー・ラファイエットの今年のクリスマスのテーマは「1,2,3 NOËL」。とにかくポップで楽しいショーウィンドウ!

2021年が終わっていきますね。思い返してみれば昨年の今ごろ、フランスでは2回目のロックダウンは徐々に解除されつつあったものの、夜8時以降の外出が禁止されて、カフェやレストラン、映画館、美術館などの施設は閉まったままでした。それと比べれば、マスクや衛生パスが欠かせないとはいえ、今年の年末はずいぶん「日常生活」が戻ってきた感があります。ただ、このところ再び感染者数がぐんと増えていて、まだまだ油断ならない状況です。コロナ禍という長いトンネルの出口がなかなか見えず、なんとなく気分が落ち込みがちな今日このごろなのですが、そんな中でもクリスマス一色のパリは本当に美しくて、心を慰められています。

トリコロル・パリ
プランタンのショーウィンドウでは、吹雪のせいでプレゼントの用意ができなくなったサンタクロースの代わりに小人たちが力を合わせてプレゼントを作り出している。ここはシャネルのアトリエ。
トリコロル・パリ
プランタンのイルミネーションはブルーからホワイト、ホワイトからブルーへと色が変わっていくシックな美しさ。
トリコロル・パリ
ギャラリー・ラファイエットのショーウィンドウ沿いのイルミネーション。
トリコロル・パリ
美しいドームの下に登場するギャラリー・ラファイエットのクリスマスツリー。今年は宇宙飛行士になったサンタさんと、いろんなおもちゃで飾られていてワクワク。30分おきに光と音のショーも始まる。
/

キラキラと輝く街中はつい見惚れてしまいます

11月半ば、オスマン通りの老舗デパート「ギャラリー・ラファイエット」と「プランタン」が、クリスマスのショーウィンドウとイルミネーションをスタートさせると、パリのクリスマスシーズンが開幕します。人形たちが音楽に合わせて動く楽しい仕掛けが見られるデパートのショーウィンドウは、子供はもちろん大人もワクワクするパリのクリスマスの風物詩です。「ギャラリー・ラファイエット」の本館中央に登場する巨大なクリスマスツリーも、毎年異なるテーマとデザインでとても素敵です。

11月の終わりにはシャンゼリゼ大通りをはじめ、パリの街角のいたるところにイルミネーションが点灯して、どんよりと曇りの日が多い冬のパリに光をふりそそいでくれます。夕方5時ぐらいには日が暮れて、6時にはすっかり暗くなる季節なので、キラキラ輝くパリの街を長く楽しむことができるのも嬉しいです。派手なネオンの看板がないからこそ、期間限定のイルミネーションの輝きがより華やかに、贅沢に感じられるのかもしれません。

トリコロル・パリ
カンボン通りのディオールには大きな星がきらめく。気球のイルミネーションも美しくて、なんだか夢のよう。
トリコロル・パリ
サントノレ通りとカンボン通りの角にあるシャネルのイルミネーションはシャネルN°5がモチーフ。
トリコロル・パリ
寒い夜を温かく照らしてくれるシャンゼリゼ大通りの赤いイルミネーション。
トリコロル・パリ
ハイブランドのブティックが軒を連ねるモンテーニュ通りのイルミネーションはシックなゴールドに輝く。
/

写真・文/桜井道子

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード