【缶詰め&瓶詰めを極めvol.3】ツナ缶×納豆であっという間に完成。栄養満点アレンジ麺で今日はきまり!

ツナと納豆のまぜ麺

買い物に行くのは億劫。冷蔵庫の中もほとんど空……。そんなときに、頼りになるのが瓶詰めと缶詰。今回はフードスタイリスト兼飲食店店主として活躍されている、川崎万里さんにお話を伺いました。川崎さんが作っているというツナ缶を使ったレシピは、簡単なのに栄養満点で大満足間違いなしです。お家にある缶詰はアレンジするとごちそうに大変身。ぜひお試しください。

納豆と合わせてヘルシーな麺料理に。

手をかけたくないときの定番もので、いかに簡単にするかを追求した一品。ツナと納豆は相性がいいんですよね」。麺は1分ほどで茹でられるグルテンフリーの玄米麺を愛用。「普通のパスタやうどんにもマッチ。大葉や海苔のトッピングもおすすめです」

ツナと納豆のまぜ麺

さばと納豆の混ぜ麺

●材料(1人分)

ツナ缶…1缶(140g)
小粒納豆…1カップ(30g)
玄米麺…1袋(100g)
醤油…小さじ2
小ねぎ…適量

●作り方

1)納豆に小さじ1の醤油を入れてよくかき混ぜる。

2) 麺を茹でてザルにあげ、小さじ1の醤油をまぶす。

3)皿に麺、オイルごとのツナ、納豆をのせて小ねぎを散らし、よく混ぜていただく。

国産のさば缶は丁寧に内臓の処理をしているので臭みもほぼありません。さば缶、ツナ缶ともに食塩不使用のものが出ていて、塩分を控えたい人にもいいですね」と、話すのは缶詰料理研究家・黒瀬佐紀子さん。缶詰には味のベースがついているので、複雑なレシピは不要。冷蔵庫をのぞいて組み合わせるものを決めたら、早速、アレンジを楽しんでみませんか。

はごろもフーズ ツナ缶
ツナ缶はオイル漬けのものを使用。「このツナとおかめ納豆のコンビは、どちらも1回で使い切れるちょうどいいバランス。コンビニでも買えるポピュラーなものなので食べたくなったらすぐ作れます」
おかめ納豆
/

『ku:nel』2021年11月号掲載

写真/小出和弘  取材・文/石毛幸子

●フードに関する記事、他にもいろいろ。
◎【中華食材専門店が教える中華の基本/前編】ちょっとの手間で、海老がこんなにプリプリに?!普段の料理をごちそうに変身させるヒント。
◎【中華食材専門店が教える中華の基本/後編】本格派が伝授する春巻をパリパリに仕上げるコツ。
◎お弁当が春めく!可愛いお花の玉子焼きの作り方【#わたしジャーナル】

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード