【缶詰め&瓶詰めを極めるvol.2】さば缶が洋風に早変わり!中村明美さん直伝ラタトゥイユチーズ焼き。

さばのラタトゥイユチーズ焼き

買い物に行くのは億劫。冷蔵庫の中もほとんど空……。そんなときに、頼りになるのが瓶詰めと缶詰。今回はフリーランスとして活躍されている中村明美さんに、絶品さば缶レシピを教えていただきました。トマト缶と合わせることでおしゃれ料理に早変わり。また、2日目も楽しめるお助けレシピなので大活躍間違いなしです。

翌日はカレー粉を足して、さばトマトカレーに味変。

独立した息子たちが急に帰ってきたときも、さば缶とトマト缶があれば安心。冷蔵庫の野菜と合わせて作り、仕上げにチーズをのせて焼けば喜ばれます」。自分用に作るときはチーズなしでシンプルに。翌日はカレー粉を足し、さばトマトカレーとごはんで楽しむそう。

さばのラタトゥイユチーズ焼き

さばのラタトゥイユチーズ焼き

●材料(作りやすい分量)

さば水煮缶…1缶(190g)
トマトホール缶…1缶(400g)
たまねぎ…1個
しめじ…1/21パック
なす…1本
にんにく…1かけ
オリーブオイル…適量
塩 、 こしょう…適量
白ワイン…50ml
コンソメ…1個
トマトケチャップ…大さじ2
オレガノ(ドライ)…適量
バジル(ドライ)…適量
溶けるチーズ…適量
ブラックペッパー…適量
イタリアンパセリ(ドライ)…適量

●作り方

①鍋にオリーブオイルを熱してみじん切りのにんにくを入れ、香りが出てきたら薄切りのたまねぎ、しめじの順に入れて炒めて塩、こしょうをふる。

②トマト缶は粗くつぶして①に汁ごと加え、白ワインとAを入れてひと煮立ちさせ、さば缶を汁ごと加える。汁気が足りないようなら水を足し、10分ほど煮込む。

③耐熱容器に を入れ、オリーブオイルで焼いておいた輪切りのなすを加える。さらにチーズをのせ、グリルで2~3分焼く。仕上げにBをふる。

『ku:nel』2021年11月号掲載

写真 小出和弘 / 取材・文 石毛幸子

●フードに関する記事、他にもいろいろ。
◎クウネル編集部緊急アンケート『カルディ』の推し食材5選+3。「家ごはんが『お店の味』になるんです!」
◎島田今日子さんのヘルシーな暮らしガイド。「五感を通して自分の体の声を聞きます」
◎ひとつの素材を何通りにもアレンジして食べつくす。食材使い切りの工夫。

結城アンナ インスピレーションの扉

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

Promotion

キーワード