【60歳、女ひとりのお金と暮らし】マイペースに仕事しながら畑仕事を楽しむ。悠々自適な暮らしの土台にあるもの

自ら設計した鎌倉の平家でマイペースに暮らす<クウネル・サロン>プレミアムメンバーの井手しのぶさん。ライフステージに応じて7軒の家を建て、住み替えてきた井手さんの“今“について伺った前回に引き続き、暮らしを楽しむコツや60歳を迎えた“これから”について伺います。

 

庭の一角に作った畑仕事が新たなライフワーク

「終の住処」と心に決めて5年前に現在の住まいに引っ越した井手さん。理想の住まいを求めて7軒もの家を住み替えてきた人が、果たしてひとところに落ち着くのでしょうか?

「家を建てたい欲はやっぱりあるの。もっと和風の家にしたいんです。リビングの先に屋根を出して半サンルームみたいなのを作ろうかなと思ったり。そうすればもう少しリビングが広がるし、庭との一体感も出る。でもそんなに広くする必要ないんですよね。とにかく家のことをこちょこちょやるのが趣味なんです。仕事では人のお金でできますけど(笑)お客様の意向がありますから。自分のやりたいことは自分の家で、ちょっとずつ」

DIYで庭の小屋を増築したり、キッチンの配置を変えたりと快適に暮らすためのバージョンアップを続けている井手さん。目下の楽しみは広々とした庭の一角に作った畑仕事なのだとか。

「畑仕事ってすごく落ち着くし楽しい。この家に引っ越して畑をはじめてから、収穫する楽しみを知りました。ハーブ、レモンなどの果樹、ネギ、春菊、小松菜などを種から植えていますが、食べ切れないくらいできるんです。自分の庭でとれたカボチャの種を乾かして、時期がきたらまた植えて収穫。そんなふうに、種も自分で育てて循環させていきたい。あとは山葡萄の皮でカゴを作ったり、これからはそういうことをやっていきたいんです」

井出さんリビング
リビングからの光景。ウッドデッキはこれから拡大の予定。
井出しのぶさんのレモンの木
たわわに実をつけていたレモンの木。
井出しのぶさんの庭小屋
広い庭の一角にDIYで建てた小屋。
井出しのぶさん
リビングと庭がひと続きになったような開放感に満ちた平家は、井出さん自身が設計を手がけた。
/

理想の暮らしの土台には堅実なマネープランがありました

悠々自適、理想の暮らしを体現しているように見える井手さん。実は24歳で結婚、25歳で出産、子育てに専念していた専業主婦でした。趣味の庭いじりや自ら設計した家が近所で評判を呼び35歳で建築デザインの会社を設立。代表としてバリバリ仕事をこなし、その間に離婚を経験、その後一人息子が独立して一人暮らしに。2013年に会社をたたんでからは、フリーランスとして個人で建築デザインの仕事を続けています。

「昔から庭いじりが好きで、自宅の小さい庭をこちょこちょいじっていたら、近所の人が『うちの庭もそういうふうにしたい』って声をかけてくれて、それが最初の仕事でした。今度は家を建てたら息子の友達の母親が『こんな家を建てたい』って言ってきて、隣の土地が空いていたからそこに家を建てて。そうやって自然に仕事がつながっていきました。昔から口コミや紹介が多かったので、あまり広告ってしたことがないかもしれない。今はほとんど、前に手がけた家のリフォームや友達に頼まれた仕事を、マイペースにやらせていただいています。もちろん昔はもっと貪欲にやっていました。会社を経営していた頃はみんなを食べさせなくちゃいけなかったし、上へ上へっていうか人に負けたくない気持ちも強かった。今は全然そうじゃない。のんびり仕事してもある程度暮らしていけるようにマネープランを立てたし、まーくん(取材当時脳腫瘍で治療中だったフレンチブルドックの男の子。残念ながら11月末に虹の橋を渡りました)のケアに専念したいので、通わなくちゃいけないような仕事はしないようにしているんです。とはいえ需要があれば70でも75でも仕事はしたいと思っています。やっぱり人間刺激がないとね。」

井出しのぶさんの猫
家の中と庭を自由に行き来する元野良猫の寅さん。庭の広い平家に住み替えたのは、動物たちにのびのびと暮らしてもらうためでもある。
井手さん愛犬 フレンチブルドック
取材当時は元気に家と庭を行き来していた昌夫くん。残念ながら11月末に虹の橋を渡ったそう。
/

聞けば、現在の家を建てるにあたり90歳までのマネープランを立て、そこから逆算して建築費用などを弾き出し、仕事のペースに関しても目安をつけたのだそう。興味津々のマネープランのお話は、また次回お届けします。

取材・文 吾妻枝里子

キーワード