自由なフランス人と真面目な日本人、2021年コロナ下で感じた国民性のちがい。

夫の海外赴任に伴い、ソウル→パリと、日本を11年間離れていた松永加奈さんが、いよいよ今年日本へ帰国。「やっぱり日本は落ち着くな~」と、日々かみしめているようです。いろいろあった2021年を振り返ります。

もうすぐ終わる2021年。顔をあげれば「え、もう12月?」と驚き、振り返れば「いろいろあったなあ」と足跡を確認する年末。今年起きたあんなことやこんなことが頭を駆け巡っています。

ロックダウン下のパリでお引越し

2020→21年の年越し、フランスではクリスマス休暇に合わせ、一部ロックダウンを緩和していました。予想通り人々は大いに盛り上がり、となると当然、年明けに感染は拡大…。2月から再び規制が強化され、夜間外出禁止や大型施設が営業禁止に。基本的にこの「規制強化」と「ちょっと緩和」が繰り返され、最終的にロックダウンが解除されたわけですが、小刻みに内容が変わるので「いま何がダメなんだっけ?」とご近所さんとしょっちゅう状況確認。そんな中、我が家はオーナー都合で引越しを強行。まだ人が住んでいる状態でも部屋の内見を行うフランス、そして時はコロナ禍。気を遣いながらの部屋探しとなりました。

パリ 公園
真冬でもそこに太陽さえあれば(いや無くても?)フランス人は公園に大集合。2021年の冬は屋内施設がどこもクローズで、寒くてもいつも以上に公園が大人気でした。
チュイルリー公園
ずらりと並んだチュイルリー公園のベンチ。何の集まりだったんだろう?
セーヌ川
雨続きからのセーヌ川冠水…というより、もう歩道は完全に埋まった2月。ここのところ、毎年冬の恒例になりつつあります。
パリ 公園
夜7時以降外出禁止だった4月の、夜7時目前の広場の様子。夜間外出もホームパーティもガマンしない人がどんどん増えてきたこの時期、ポリスのチェックもかなり甘かった。
/

コロナ下で国民性のちがいを実感

屋内がだめなら屋外で!とばかりに、肌寒い時期から公園はピクニックで大賑わい。私も久しぶりに公園のベンチで友人とコーヒーを飲み「おいしい!楽しい!あったかい!」と喜びを噛みしめました。但し、夏時間になって一気にタガが外れたのか、夜7時までの帰宅を守らない人が続出。禁止されている大人数のホームパーティも増え、近所のアパートから大音量の音楽や歓声が聴こえてくるたびに、なんだかとっても文化の違いを感じたものです。

今年は夏の早い段階から英語が多く聴こえてきて、EU圏以外からの旅行者がかなり増えたことがわかりました。観光船やバスが満員で活気があり、見ていても嬉しかったです。
こちらは夏の風物詩、セーヌを浜辺に見立てた「パリプラージュ」。去年はこじんまりしていましたが、今年は通常規模に。人々も開放的になって浜辺気分を満喫。
パリ 2024
東京2020の閉会式→パリ2024のセレモニーで戦闘機が飛んだ様子。近所で開催していたので、中継を見ながら部屋から撮影。3年後かー、世界はどうなっているんだろう?
/

5月になり、ワクチン接種が進む中で、みんなが待ちに待ったテラス席がオープン。美術館なども完全予約制で営業が始まり、屋外でのマスク着用義務の解除、店内飲食OK…と、夏を目前に街がどんどん開いていきました。昨年は全くいなかった観光客も今年はかなり増え、もちろんコロナ禍前より断然少ないのですが「こんなにたくさんの旅行者を見るの久しぶり!」という印象。そして8月には、東京2020からバトンを受け、次回開催国のパリではセレモニーを開催、世界に中継されました。こんな感じで、ほとんどの規制が緩和され、人々がバカンスを謳歌した2021年夏。その様子を眺めつつ引越しの準備を進め、バカンス帰りのフランス人と入れ違いに、我が家は日本へ帰国しました。

強制隔離中のホテルの窓から見えた東京の夜景。一歩も外に出られませんでしたが、ビルがびっしりの様子を4日間眺め続け、帰国の実感を植え付けられた感じがします
レストラン プラ板仕切り
自主隔離を経て初めての1人ランチ。カウンター席で三方をプラ板に囲まれることに緊張し、ものすごくどぎまぎしながら食事しました。
お好み焼き
フランスの料理は美味しかったですが、私は日本のごはんが好きです。これは帰国後に友人と初めて外食した時のお好み焼き。ああ、ソース(と焦げる匂いも)大好きだー!
/

ただいま東京

2年ぶりの東京は緊急事態宣言下。強制隔離と自主隔離を経ての新生活スタートとなりました。以前のように、帰国してすぐ家族や友人と会えないのは残念でしたが、プラ板に囲まれての外食(それ以前に外食自粛)、マスクもきちんと着用(罰金制もないのに)、「今は我慢のとき」と自制する日本人の真面目な気質に改めて感心しました。久しぶりの日本、たまに感じる驚きなどはたびたび書いている通りですが、なんといっても便利で清潔で何でもあってごはんもおいしい!帰国して数か月経った今でも「あー帰って来てよかったー」と声に出すこともしょっちゅう。もちろんいいことばかりではありませんが、海外での厳しいロックダウンを経験したので、不安定な状況の中、より自分の国にいられることの喜びを感じています。

2022年はもうすぐそこ。今年頑張ったぶん、来年に期待してもいいですよね。日本もフランスも、世界中が明るい方へ、ぐっと上向きになりますように。それではみなさま、良いお年を!

キーワード