【元Hanako編集長の大家日記 一号物件編vol.3】人気物件だと思っていたのに!?入札してから明るみに出てきた真実。

片岡延江

HanakoHanakoママ編集長の片岡延江さん。25年間勤めた会社を退職し、現在築古家屋を購入しDIY再生中。多いライバルから勝ち取った人気物件だと思ってたのは私だけ!?次々と問題が明らかに……。そんな片岡さんの大家日記シリーズ第3回になります。

立派な金庫にワクワクする

片岡延江
小さな鍵式と大きなダイヤル式金庫があった。

家には立派な仏壇があり写真が飾られていました。猫が住んでいたと思わるキャットタワーもあります。古い紙幣がきっちりと貼られた額縁がいくつかあり壁際に落ちています。そして、大小の2つの金庫がありました。ひとつは私が入れるぐらいの大きさでダイヤル式のもの、もう一つは旅館にありそうなこじんまりとしたものでした。

この金庫の存在には心が踊りました。金庫を解錠する方法を調べたりしながら「おカネをかけて開けてはみたけど空っぽかも」「いや、札束があるかもしれない」「もしや三億円事件の犯人か」などと妄想は止みませんでした。

道路にせり出した木も何とかせねば

庭木は自分でもきれいに出来ます。が、道路にせり出して電線にかかる勢いの木もあり、これは業者さんにお願いしなければなりません。見積もりを取ると高所作業車や処分代込みでまたもや仰天の価格です。

まずは前所有者かその妹さんを知る人を探そうと、近所に聞き込み捜査をしました。

すると「長いこと空家で困っていた、庭木の手入れよろしく」と言われるばかり、誰からも持主さんや妹さんにつながる情報は得られず、途方にくれました。パトカーが来ていたと言うなら、事件があったのかも、と、持ち主の名前を入れて検索してみましたが、そういった情報は出てきません。警察を訪ねましたが得ることは何もありませんでした。

「前の持主さんは生きているのかな」いよいよ不安になってきました。そして、この物件を「割といい」と思った自分を恨みました。

市役所へ相談に。手がかりはあるのか

片岡延江
最近の役所はとても親切、迷っていると「どこに行きますか」と声をかけてくれる。

とは、いえ、立ち止まっているわけにはいきません。

「困ったときには行政に相談だ」と、まずは電柱にひっかりそうな木について市役所の建築指導課に相談に行きました。予想通り、「私有地の木には関与せず」の答えでした。が、うれしいことに家の前の側溝の蓋を新しくしてくれるとの話がありました。縁がかけていたので危ないです。なんでも言ってみるものだと思いました。すると、そんなこんなやりとりに、聞き耳を立てている職員の方がいました。そして「もしかしてあの空家の新しいオーナーさんですか、詳しいことは言えないけれど、よろしかったら連絡先を教えて下さい」と、言うのです。私は携帯番号を教えました。

             →次回は12/17の公開予定。


●こちらの「家を建てる」シリーズも人気です。
【女ひとりで家を建てる①前編】自分のために7軒もの家を建てた女性の家づくりの記録。
◎ 【女ひとりで家を建てる①後編】海のそばに住む夢を実現すべく家を建てたものの……。
◎ 【女ひとりで家を建てる②・前編】自分の家を7軒も建てるまで色々ありました。
【女ひとりで家を建てる②後編】3軒目の家を建てたとき、家づくりの会社が始動。
【女ひとりで家を建てる③前編】人生バブル期、4軒目に建てた家は箱根の別荘。
【女ひとりで家を建てる③後編】事件勃発。人生のバブル期はまさかの転換期でもあり……。別荘を建て、手放すまで
【女ひとりで家を建てる④前編】5軒目の家は鎌倉山の洋館。そこをカフェにする計画が……。
【女ひとりで家を建てる④後編】中古住宅を買って、自分好みにリノベーションする楽しみ
【女ひとりで家を建てる⑤前編】自分のために建てた家は何と7軒!これが終の棲家か?!ついに完成した理想の平屋。

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード