自由に、さらりと、ストールを羽織るように。寺本美樹さんのアウターの着こなしを拝見!

寺本美樹さん

遊び心あるチャーミングな着こなしが人気の〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーの寺本美樹さん。ダークになりがちなアウターの着こなしの楽しみ方を教えてもらいました。

10月も終わり、アウターが必要な肌寒い日もあれば、少し動くと汗ばむような日もある今日この頃。出かけざまにジャケットやコートを纏うか迷うことも多いのではないでしょうか。日中は暖かくても、日が暮れるとアウターがないことを後悔したり。

それにくわえ、「都会は、電車や商業施設の中などアウターを着たままのシチュエーションが多くありますよね」と寺本美樹さん。本格的な寒さに入る前のこのシーズンに活躍しているアウターを見せていただきました。

寺本さんが、今年新調したアウターは2着。職場のご近所で、寺本さんが「とびきりオシャレ」と信頼を寄せるナディアさんが立ち上げたブランド『nadia』のもの。どちらも袖がないタイプなので動きやすく、かつ気温に合わせやすいのがポイントです。

寺本美樹さん

1着目は、ウールガウンドレス。カシミヤ入りの柔らかなアウターで、「kiwi pudding」というカラー。大きなポケットが2つあり、その中にさらにポケットがあるので、手ブラでのお出掛けも可能という利便性も兼ね備えたアイテム。

寺本美樹さん

2つ目は、なんとも秋らしいグレープカラーのドレープケープ。クラシックなデザインと美しいドレープがなんともエレガントです。寺本さんは、ドレッシーなスタイルだけでなく、カジュアルなコーディネートにも取り入れているそう。

どちらのアウターも、「デザイン性のある固定型ストールのような感じ」と表現する寺本さん。ストールのように、「自由に」「さらりと」「決めすぎずに」羽織るのが、この季節ならではの楽しみ方のコツかもしれません。

夕方に肌寒くなったり、もう少し寒さが本格的になったらプラスするのがインナーダウン。寺本さんは、何にでも合わせやすい「白」を着ることが多いそう。ついついアウターと同系色を選んでしまいがちですが、「ダークカラーを選ぶのではなく、インナーからチラリと真逆な差し色が出るのもポイントになる」ので、明るい色を選ぶのがおすすめです。

寺本美樹さん
ユニクロのウルトラライトダウンは、袖ありと袖なしをアウターにあわせて活用。


キーワード