おしゃれ上級者・寺本美樹さんの‟ご近所服”は、愛するカフェのTシャツとヒール靴が基本です。

寺本美樹さん_ご近所服

最近のお出かけといえば、もっぱら「地元(近所)のお店」という方も多いのではないでしょうか。そんなとき、気を張ったおしゃれは必要ないけれど、ゆるすぎるスタイルも、大人としては少し心もとないですよね。そこで今回は、〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーの寺本美樹さんに、こんなときこそ楽しみたい‟ご近所服”を見せていただきました。

コロナ禍以前から、お休みの日やちょっとした空き時間に、寺本さんが足繁く訪れてきた場所があります。それは、カフェ。自宅近くのカフェや、馴染みのお店には、たいていひとりで向かいます。
「たとえば代々木公園近くの『CAMELBACK sandwich&espresso』さんは、以前職場が近かったこともあって、オープン直後から5年間はほぼ毎日通う常連でした。今は週一ペースに落ち着きましたが、おいしいコーヒーやサンドイッチ、そしてスタッフの方々との他愛ないおしゃべりが、なにより楽しくて寛げます。こんなご時世だからこそ、人の温もりを感じられて、ほっとできる場所があるのは本当にありがたいですね」

そんなお散歩タイムや近所のスーパーへ向かう際、寺本さんはリラックスできる「カフェT」を、好んで着ているのだとか。カフェTとは、カフェがオリジナルで制作しているTシャツのこと。

たとえばこの日選んだのは、豊島区の東長崎にある名店 MIA MIA(マイアマイア)』の、ポップなロゴ入りTシャツ。
「マイアマイアさんは、わたしの住まいからはちょっと遠くて、日常のテリトリーからは外れた場所なんです。それでも数か月に一度行きたくなるのは、行けば必ず素敵なオーナーのヴォーンさんご夫婦からエネルギーをいただけるから。コーヒー以外にも、ドーナツや焼き菓子が絶品で、とくに、素朴なココナッツのクッキーは最高におすすめです! カフェTを着るのは、かわいらしさや着心地の良さももちろん理由のひとつですが、そのお店のサポーターというか、応援させていただくという気持ちが大きいですね」

寺本美樹さん_ご近所服
ラフなコットンのカフェTには、オトエで購入したシルク地のヴィンテージパンツと『MARYAM NASSIR ZADEH』のサンダルをあわせることで、カジュアルになりすぎないよう調整。 「 マイアマイアさんはオリジナルグッズもかわいらしくて、ヴァーネルのサワードウブレッドとか、いつもなにかしらお土産を買って帰ります 」

さらにもうひとつ、寺本さんの‟普段着”に欠かせないアイテムが、ヒールの靴。わざわざ? オフの日に? と不思議に思いましたが、そこには納得の理由があるのです。「近頃滅多にヒールの高い靴を履かなくなって、たまに履くと頭も足も痛くなって、すぐ帰りたくなっちゃうんです。だから、ご近所散歩のときこそトレーニングを兼ねて履いて、体を慣らしています。もし痛くなっても、すぐ帰れますしね!」

寺本美樹さん_ご近所服
アメリカ人デザイナー『MARYAM NASSIR ZADEH』の靴。ヒールはおよそ10cm!
寺本美樹さん_ご近所服
行きつけのキャメルバックのTシャツは、寺本さんが最初に買ったカフェTでもあるそう。「知人でもある山瀬まゆみさんのイラストがポイントなんです。大好きなお店×大好きな作家のコラボなので、何種類か購入して大切に着ています」

写真 近藤沙菜/取材・文 権 佳恵


●ワンマイル圏内で楽しむあれこれ、ほかにもあります
〇【ささやかな贅沢始めました3】木村衣有子さんが自然体で見出す、ワンマイル圏内の幸せ
〇安心に包まれて快適な睡眠を。ガーゼ専門店「ao」から抗ウイルス寝具が新登場。
〇贅沢したいのはパジャマ。パリ在住フォトグラファーが、闘病生活を機にプロデュースした上質パジャマ。

キーワード