まるで京都の鴨川のよう。パリに流れる川は住民の癒しスポットに。

パリとフランスにまつわる情報サイトTRICOLOR PARISの主宰・荻野雅代さんと桜井道子さんおふたりが、毎月交替でフランスから日々の暮らしをご紹介。第10回目は桜井さんがフランスのパリジャン&パリジェンヌの優雅な街での過ごし方をレポート。


家に帰る前にセーヌ川でちょっと一息


爽やかな晴れの日が続くパリの6月は、何かと理由をつけては外で過ごしたくなる季節です。日もどんどん長くなって、夜の10時ごろまで明るいので、仕事が終わってもまっすぐ家に帰りたくない気分。そんな日の夕方、アペロを楽しむ人たちでひしめいているカフェのテラス席を横目に、私が向かうのはセーヌ川です。

セーヌ川付近にあるモンテペロ港
私のお気に入りスポット、セーヌ川のモンテベロ港。サン・ルイ島と左岸を繋ぐトゥルネル橋も見える。

同じセーヌ川でも場所によって見える風景がまったく異なり、それぞれの良さがありますが、一番のお気に入りは、左岸のモンテベロ港のあたり。ちょうどシテ島とサン・ルイ島の間にあり、シテ島の先っぽと、その奥にそびえるノートル・ダム大聖堂の後ろ姿、目の前にはサン・ルイ島の美しい建物が見えます。その眺めの良さはもちろんなのですが、川と空がつながってどこまでも広がっていくような解放感が何よりも最高です。

セリーヌ川で寛ぐ住民の風景
ワインと簡単なおつまみを用意したらセーヌ川へ。爽やかな風に吹かれ、きらきら輝く水面を眺めながらの一杯は最高。

生まれ育った京都の鴨川、フランスで初めて暮らした町トゥールに流れるロワール川、そして気がついたら20年以上を過ごしているパリのセーヌ川と、思えばいつも、川が流れる町に縁があるようです。時間があると、訳もなくセーヌ川を眺めに行こう、と思ってしまうのはそのせいでしょうか。

パリの東側に位置するサン・マルタン運河
パリの東側に住むパリジャン&パリジェンヌたちの水辺といえばサン・マルタン運河。

とはいえ、そう思うのはもちろん私だけではなく、パリジャン、パリジェンヌたちも同じのようで、どんなに寒くても暑くても、とにかく天気さえ良ければセーヌ川沿いに人が惹き寄せられます。ピクニックやアペロをしたり、読書をしたり、音楽を演奏したり、はたまた水着で寝そべって日焼けをしたり、まるで自分の庭のように思い思いに過ごせる場所なのです。

\穏やかな時間流れるリュクサンブール公園/ 

昔ながらの癒しスポットであるリュクサンブール公園
公園の池や噴水の水辺にも癒やされる。リュクサンブール公園の池では昔ながらののどかな舟遊びを眺めているだけで楽しい。

写真・文/桜井道子


●トリコロル・パリのフランス通信

「いつか行きたい」南仏バカンスの景色をシェア。カンヌで気ままに過ごした幸せな10日間
サンジェルマン・デプレの秋の空気をシェア。パリはいま、街に血が通って息を吹き返したようです。
フランスでは「福袋」的な立ち位置?!大人も楽しむアドヴェント・カレンダーでクリスマスカウントダウン。
舞台はパリの街。素敵なクリスマスショーが今年も開催されています!

2月2日のフランス流・運だめし!コインを握りながらお菓子を作る風習とは?
パリでも「HANAMI(花見)」が浸透中。フランスでも、桜は春の風物詩のひとつです。

キーワード