【50代の自由で楽しいひとり暮らし。フローリスト・市村美佳子さん】築50年のヴィンテージマンションを改装し、自分好みに。「考えるよりも感覚が大切」

市村美佳子 フローリスト 

山吹色の鮮やかな壁が印象的な、ひとり暮らしを楽しむ市村美佳子さんの部屋は、日当たりと風通しが自慢だといいます。壁の色から花瓶一つまで、自分の感性のままに選んだというお気に入りの空間を見せていただきました。

自身の部屋を「好きなものが集まったカオス」と語る市村美佳子さん。 1日の大半を過ごすリビングは、時には花教室を開催するアトリエも兼ねたスペース。築50年ほどのヴィンテージマンションを改装した広々とした空間は、 一面だけ黄色に塗装した色壁が印象的です。

ヴィンテージマンション 花教室 黄色壁 賃貸リフォーム 

「黄色はお花が映える魔法の色。賃貸なのですがリフォームしていいことになり、元々2部屋だったところを広いワンルームに改装しました。自宅と仕事場が一緒なので、エプロンをつけて仕事のスイッチを入れる、きちんと食事をとる、お茶の時間を作るなど、メリハリを心がけています」

その日の気分や体調に合わせてトレイやお皿、お箸を選ぶ。日々の小さな 選択もすべて自分の心のまま。そんな自由が心地よいと言います。

骨董市 花瓶 ギャラリー
電子レンジの上は、余ったお花を飾るスペースなのだそう。各地の骨董市やギャラリーで出会った可愛い物たちが黄色の壁に映えて素敵。
フラワーリース スクラップ 玄関
好きなアートやスクラップが飾られた玄関スペース。鉄製のサーク ルは、以前特大のフラワーリースを作った際に使用したもの。
/

部屋を彩るヴィンテージ家具やアート、花瓶も自由な感性で選んだものたち。

「花を生ける時もそうなのですが、考えるよりも感覚が大切。目的を持って何かを見つけにいくというよりは、自分がどんなものに反応するのか知りたくて、日本各地の骨董市や古道具店を訪れます。

いつか役に立ちそうという用途で選ぶのではなく、理由はわからないけれどなぜか惹かれる。そういう出会いを大切にしています」

吊るし収納 籠 花瓶 二拠点生活 葉山 
作業台も兼ねた造作棚にはレッスンでも使う花瓶がぎっしり。「気がついたら集まってしまった」という籠は吊るして見せる収納に。

『ku:nel』2022年5月号掲載

写真/目黒智子 取材・文/吾妻枝里子 再編集/久保田千晴

●そのほかお部屋に関する記事
【マチュア世代アーティストのお部屋拝見!書道家・中川恵さん】家電製品も最低限に、研ぎ澄まされた美しい住まい。
【住まいの履歴】『fog』関根由美子さんのインテリア。暮らしに合わせて変化できるシンプルな箱のような家。
【大人のキッチンリノベーション モデル・雅姫さん】一年かけて少しずつ作り上げた理想のキッチンを大公開!「好きだけを集めました」

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード