築80年の邸宅を大胆リノベーション!【拝見、マチュア世代のおしゃれな部屋。ラジオパーソナリティ・クリス智子さん】

一から家を建てるのでなく、昔からある家に自分らしさを重ねながらの生活を楽しむクリス智子さん。吹き抜けの本棚や古民家カフェのような美しいキッチンなど、アイデアと工夫が詰まったお部屋をご紹介します。

時を刻んできた家に新しい物語を重ねる。

クリス智子さんがインテリアに興味をもったきっかけは、子どもの頃、胸ときめいた本にあります。俳優で作家のジュリー・アンドリュースが書いた名作『マンディ』です。

リノベーション 階段 本棚 吹き抜け
本棚を造り付けた吹き抜けの階段はギャラリーのよう。手すりは広めの間隔で、お酒のグラス片手に足をブラブラできるようにした。その発想が楽しい!

「秘密の空き家を見つけた女の子が、 自分好みの居場所を作る物語。私も一から家を作るというよりは、古い家に自分らしさを重ねていく方が好みです。 鎌倉に見つけた築年の一軒家は、ひと目でポテンシャルがあると気に入りました。」

玄関を新設し、階段は吹き抜けの空間へと大胆にリノベーション。オープンスペースにした1階奥には広々としたキッチンを設けて、料理しながら家族の顔が見えるようにリビングルームとひと続きにしました。

キッチン ターコイズブルー 真鍮ライト
手前のカウンターは朝食時の指定席。

ターコイズブルーのタイルが鮮やかなキッチンは、銅製の鍋やクリームイエローの器をちりばめてアクセントに。仏具のエッセンスをモダンに昇華した真鍮製ペンダントライトは、デザイナー大治将典さんによる作品。

あれこれ考えをめぐらす喜び。 家作りは過程が楽しい。

キッチンと隣り合う自身の書斎はお気に入りの場所です。机は祖母のロールアップデスクに憧れて、東京で似たものを発見。コロナ禍ではJ-WAVEの基地局としてここからラジオの生放送も行ったそう。

足踏みミシン アイアンチェア ボタニカル柄 壁紙
足踏みミシンをデスクにし、知人から譲り受けたアイアンチェアを添えて。
洗面ボウル グリーン
グリーンの洗面ボウルはウェブにて発見。遠方への配送に驚かれながらも理想の洗面所のデザインの核に。
/

「窓越しの梅の木は紅梅に違いないと、 壁紙は控えめな白黒のボタニカル柄にしたんです。でも咲いたのは白梅で想定外。ただ、窓辺にはリスも遊びに来るので、壁紙のリスとリンクしていいかなと結果オーライです」

nendo佐藤オオキ ガラステーブル
革のソファと調和するガラステーブルは、親交のあるnendo佐藤オオキさんによるデザイン。

家具は年輪を刻んだ味わい深いものが目立ちます。リビングには川の飛び石を模した脚に合わせ、青いラグを敷こうかなと思案中。 「理想のものに出合えなくても、間に合わせで妥協することはありません。 家を作る過程が好きなので、あれこれ考える時間も楽しいんです」

ここに暮らし5年半、クリス智子さんの家づくりの物語はこれからも続きます。

『ku:nel』2022年5月号掲載

写真/奥田一平 取材・文/間中美希子 編集/原千香子 再編集/久保田千晴

 

●そのほかお部屋に関する記事
【50代の自由で楽しいひとり暮らし。フローリスト・市村美佳子さん】築50年のヴィンテージマンションを改装し、自分好みに。「考えるよりも感覚が大切」
【住まいの履歴】『fog』関根由美子さんのインテリア。暮らしに合わせて変化できるシンプルな箱のような家。
【大人のキッチンリノベーション モデル・雅姫さん】一年かけて少しずつ作り上げた理想のキッチンを大公開!「好きだけを集めました」

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード