【缶詰め&瓶詰を極めるvol.5】ゴーヤのツナサラダ。「肉を食べない私には、ツナ缶は大切なたんぱく源です」

ツナサラダ

買い物に行くのは億劫。冷蔵庫の中もほとんど空……。そんなときに、頼りになるのが瓶詰めと缶詰。今回は、フリーランスプレスとして活躍されている、倉地麻子さんに超簡単缶詰めレシピを教えていただきました。ツナを使うことで、あっさりとしていながらたんぱく質のとれるサラダが完成。今晩から作れるレシピです。

夏はゴーヤ、冬はかぶと一緒に、たんぱく質を補給。

肉を食べない私にとって、ツナ缶は大切なたんぱく源。シンプルなサラダですが、それだけに飽きなくて何度もリピートして作っています」。夏のゴーヤの季節が終わると、野菜をかぶにチェンジして和風顆粒だし少々の味付けをプラス。サンドイッチにも美味。

ゴーヤのツナサラダ

ゴーヤのツナサラダ 倉地麻子さん

●材料(作りやすい分量)

ツナ缶(ノンオイル)…1缶(70g)
ゴーヤ…1/2本
ラディッシュ…3個
マヨネーズ…小さじ2
塩…適量

●作り方

1)ゴーヤは縦半分に切って、ワタを取って薄切りにし、塩をひとつまみ入れた熱湯に1分浸けてザルに上げる。冷めたら絞って水分を切る。

2)ボウルに1と汁を切ったツナを入れてマヨネーズであえる。薄切りにして塩もみしたラディッシュを飾る。

ゴーヤ ツナ缶レシピ
「ゴーヤは塩もみするだけではえぐ味が残るので、塩を入れた熱湯に浸してから使っています」

『ku:nel』2021年11月号掲載

写真/小出和弘、取材・文 /石毛幸子


●フードに関する記事、他にもいろいろ
◎「せいろで蒸した肉まんが美味しいのはなぜ?」女性開発者の細やかな思いが詰まったスチームオーブンレンジ
◎ひとつの素材を何通りにもアレンジして食べつくす。食材使い切りの工夫。
◎料理名人・山本亜由美さんの食材使い切りのコツ。「干したり、漬けたり、おいしさを保つひと手間を」

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード