【服部夫妻の今日から始めるサステイナブルvol.5】無理なくできて、心地よいと思うことを続ける

サスティナブルに暮らしたい 子供部屋

「持続可能な」を意味する「サステイナブル」。言葉はよく耳にしますが、サステイナブルな暮らしとはどういうものなのでしょう?
昨年末に発売された、翻訳家の服部雄一郎さん、麻子さん夫妻による著書『サステイナブルに暮らしたいー地球とつながる自由な生き方』(アノニマ・スタジオ刊)は、暮らしを変えることの楽しさを教えてくれる一冊。すぐに始められるサステイナブルな工夫や考え方について2回に渡って服部夫妻に伺った、シリーズ最終回になります。

■サステイナブルに失敗はつきもの

ーー服部さんは高知県にお住まいで、作れるものは自分で作る生活をされていますが、都心に暮らしていてもできることはありますか?

服部雄一郎さん(以下、雄一郎):まずは興味に合わせて始めるといいと思います。料理やファッション、お出かけ、子どもとの時間など、好きな分野で何ができるか考えてみてはいかがでしょうか。現実に直面して悩みが深くなる部分もあるかもしれませんが、知ること自体がすごく大事で、それがないと先に進めないし、好きな分野のことなら「知りたい」って思えますよね。

ーーおしゃれなエシカルアイテムもたくさん登場していますが、そういうところから始めるのもよいのでしょうか?

雄一郎:もちろんいいと思いますよ。昨今のSDGsブームによる新たな消費を批判的にとらえる方もいますが、僕自身は、社会の中で「SDGsやエコは考えるべきワード」とみんなが広く認識する流れは、いいことだと思っています。

その結果、ムダな買い物をしてしまうこともあるかもしれませんが、買い物をきっかけに変化が起きるというプラスの側面もあるはず。環境問題は「きちんと理解して、完璧にできて結果を出せる人しかやってはいけない」「間違えは許されない」みたいに思い込んでいる人が多いようですが、失敗は絶対にするんですよね。

個人的にゆるゆると10年くらい環境問題と向き合ってきましたが、一生懸命考えても無駄な買い物をしたり、数年経ってライフスタイルが変わると使えなくなったりということが、思っているよりも頻発するんです。それで落ち込むこともありますが、子どもの成長と同じで、失敗してこそ先に進めることもある。必要なのはみんなが変化すること。結果が出る自信がなくても、失敗する可能性が大いにあっても、それを通らずには先に進めないと思うし、もっと気軽でいいんじゃないかなと思います。

サスティナブルに暮らしたい 手作りのお茶
野草茶は麻子さん、紅茶は雄一郎さんが手作りしているそう。

服部麻子さん(以下、麻子):社会も個人も、サステイナビリティの方向に向かうのは初めてのこと。大きなチャレンジだと思います。だとしたら失敗は大前提。「失敗はもちろんある、でも大丈夫」と考えてもいいのでは。やったことには確実に価値があるし、チャレンジしてみて”簡単にできたことだけ”を続ければいいのではと思うんです。”簡単に楽しくできること”は習慣になるんですよね。次のステップとして、「別のことをやってみよう」とまた新しいチャレンジができたらいいのかな、と思います。

雄一郎:人間は変化を必要とする生き物で、一度エコな習慣を身につけても、飽きてしまう人も多いと思います。生活習慣を変えることが気分転換になったり、新しい自分を手に入れるため、エコな取り組みは変化の材料として使うくらいでもいいのかなと思います。生活の一部を変えるとワクワクするので、気軽に楽しんでもらえたら。

サスティナブルに暮らしたい 手作りジャム
いただいたものや自分の畑で採れたものをなど、材料を買わずに保存食づくり。

麻子:サステナブルな暮らしって、今より心地よく暮らす、生きていくことだと思うんですよね。

雄一郎:例えばレジ袋でいうと、プラスチックごみ全体から見ればレジ袋による削減の割合は微々たるものだけど、僕自身はマイバッグで十分だし、自分が無理なく減らせて心地がいいから、自分の自然な習慣として続ける。そういう芯になる感覚があると、「意味がないことをしている?」と不安にならずに、「自分にとってこれがいい」と思える。それが結構大事かなと思います。「自分のためにやっている」という感覚が持てれば、「期待したほど世のためになっていないのでは?」といちいち揺らがずにすみます。

ーー本の中には、服部さんが具体的にされていることがたくさん載っていますよね。

麻子:普段のごはんに気軽に誘う、手作りのお菓子をおすそ分けするなどは「ギフトエコノミー」にもなります。”お金のより良い使い方をする”ことを意識すると同時に、どんなにささやかなものでも、”自分で生み出したものをプレゼントする”ことは楽しいし、うれしい。気楽に誰でもできるサステナブルなアクションなので、おすすめです。

■絶賛発売中!

撮影:衛藤キヨコ
聞き手:赤木真弓

結城アンナ 連載

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 前編】「おもてなし感覚が楽しい!」見て、触れて、味わう、 新しいストア体験。Vol.5

Promotion