箱を開けて感動、食べて感動!『八代目儀兵衛(ハチダイメギヘエ)』の華やかなお米ギフトを、大切なあの人へ。

八代目儀兵衛 十二単

人に気軽に会えないいま、ものを送るやりとりが以前より密に行われるようになってきましたね。おいしいもの、美しいもの、心が浮き立つもの、何を送ろうか?と迷っている方におすすめのギフトを紹介します。京都の老舗米屋『八代目儀兵衛(ハチダイメギヘエ)』の十二単です。

感謝を込めて、お元気ですかと挨拶を兼ねて……、コロナ禍においては、以前より頻繁に誰かに何かを送る機会が増えました。相手の方の好みや家族構成、暮らしのシーンを思い浮かべて物を選ぶ作業は楽しいものですが、アイテム選びに難航してしまうこともしばしば。そんなときに、ぜひおすすめなギフトを見つけ、まずは自分用にと取り寄せてみました。

箱をあけると、思わず見惚れる色とりどりの和のグラデーションが。

注文ごとに、一つひとつ手包みされているという風呂敷。

粘りがあり、甘みが強いお米は、それだけでごちそう。

ふっくらつやつやなお米は、熟練のお米マイスターが厳選した一級品だからこそ。

/

江戸寛政より京都で代々続く老舗米屋 『八代目儀兵衛(ハチダイメギヘエ)』 。八代目当主が全国の産地へ足を運び、自らの舌で選び抜いた厳選国産米を取り扱っています。お米同士を独自の比率でブレンドして、他では真似できない味わい深いお米は食通に大変評判なのだとか。 そんなお米の名店でギフトに!とおすすめいただいたのは「十二単」。 感謝の気持ちや様々な願いなど、たくさんの想いをこめて身に着けられていたという「十二単」になぞらえた贈りものです。 箱を開けるとずらりと並んだ12色・12個の包みに、思わず「わー!」と歓声を上げてしまいます。

箱を開けて感動!食べて感動!

お米という日常のものが、カラフルな風呂敷に包まれて、とても晴れやかなものにとなっています。「お米なのに華やか。食べるとその味に感動。」と年齢性別を問わず多くのお客様に喜んでもらえそう。結婚や出産といった人生のお祝いごとやそのお返しにも、華やかなお米はぴったりですよね。

八代目儀兵衛 十二単
料理に合わせてお米を選ぶ楽しさと驚きを何度も味わっていただけます。

相手を選ばないお米のギフト

< おむすびに合う >、<お寿司におすすめ > 、<炒めに適している > など、お米は全色ちがう種類で、お米に合わせた料理を考える楽しみがあります。箱の色が金、黒など4色から選べたり、写真入りのメッセージカードが添えられるサービスがあったり、さまざまな目的に合った贈り方ができ、どんな方も喜ぶギフト間違いなしです。

栗ごはん、としめじごはんの素を合わせた「秋の京御膳」シリーズは、秋限定の人気品。/秋の京御膳 萩¥8,100

紅葉柄の箱はいまだけ限定。

多くのミシュラン獲得料亭からも支持を得る、『八代目儀兵衛』最高峰のお米。祇園料亭米シリーズ 翁霞¥5,400

/

キーワード