【山根佐枝さんの葉山ライフ/後編】自然の息吹感じる日本家屋で、「暮らしの営み」を。

葉山の御用邸近くにカフェ食堂「やまねこ」を構える山根さんですが、彼女のとっておきの場所はもう一つあります。それは山の中腹の小さな日本家屋。そこで畑仕事をしたり、茶道を嗜んだり、自然体で過ごすことで、自分らしくいられるそうです。そんな、生きていることを実感できるライフスタイルについて教えていただきました。

 

▼前編はこちら
【山根佐枝さんの葉山ライフ/前編】自分が好きなことだけをしようと、50歳を過ぎた頃に決めた選択基準。

自然と共存できる小さな家

自宅と仕事場の「やまねこ」のほかに、葉山の山の中腹に小さな家を借りています。「とりわけ、心のよりどころになっているのが、葉山で最初に借りたこの家です。隙間風で冬は寒く、夏の西日には辟易しますが、木々に囲まれていてツリーハウスみたいな趣でしょう。蜘蛛やヤモリと暮らし、ときどきムカデに驚かされますが、鳥のさえずりや雨音が近くに聞こえ、自然の息吹を肌で感じられるのが魅力」

山の家の畑で野菜作り。

築年数、約60年、和室2間と台所だけの日本家屋。

江の島や富士山を望む素晴らしい眺めも魅力。祖父の時代からの実家の日本料理屋で、使われていたという座椅子などが、昭和の雰囲気を醸し出しています。

/

春先からゆっくり家で過ごすことができた今年は、数年ぶりに畑を耕したそうです。「自分で食べる野菜を少しでも作ることができたら、心穏やかに過ごせそうな気がして。あっという間に育つ緑は自然の命そのもの。草をむしりながら、土を耕しながらの生活はまさに〝暮らしの営み〟。休んでばっかりの自分を反省しながらも、まぁ、いいか、来年は頑張ろう!と、前向きな気持ちになります」。山からの涼しい風が、心地よく感じられる場所です。

茶道も心をニュートラルに保つ手段のひとつ。 サーフィンと並び、長く続けていることに茶道と太極拳も。それらの共通項は「体の動きでいうなら丹田。しっかりと軸が通っていること、腹から下がブレないこと、背筋をすっと伸ばし、上半身に力が入っていないこと。また、どれも自然とつながる要素が大きく、氣、陰陽のバランス、静と動のメリハリです」。

フラワーエッセンスをもっと活用していきたい。 Dr.バッチのフラワーエッセンス施術者の資格を持ち、15年前から個人セッションやワークショップなどを行っているそうです。「心のバランスを整える効果のあるフラワーエッセンスを、今後は成長期の子供たちのカウンセリングに役立てたいと考えています」

/

自分が自分らしくあるために、これからもサーフィン、茶道、太極拳は細く長く続けていきたいです。葉山の暮らしの一瞬一瞬が、自分が生きていると実感できること。いちばんの幸せ感なのだと思います。

「やまねこ」からは徒歩2分で海。海に沈むサンセットを見るのは日課。

葉山から見る相模湾越しの富士山は別格。古い和皿の景色そのもの。

/

不健康かもしれないけれど好きなお酒は多めに飲み、野菜たっぷり、お肉もお魚もバランスよく。体の声を聴いて、風邪気味なら横になって養生し、最低限の薬もとる。腰痛予防に朝のストレッチ。無理はしない、なるようになるというFLOW(流れ)を受け入れる気持ち。そんな感じで、これからも10年、20年と暮らしていきたいです。行雲流水という言葉のように」。

◎ライフスタイルに関する記事、他にもいろいろ。
【花田美恵子さんの新生活。前編】ハワイの思い出とともに送る、日本での新しい日々。
【花田美恵子さんの新生活。後編】軽やかさと自由を選択し、暮らしが整うことで、気づけたこと。
花田美恵子さん登場!新しい家族との生活で、素の自分が出せるように。

『ku:nel』2020年9月号掲載

写真 横山泰介 / 取材・文 黒澤弥生

キーワード