【花田美恵子さんの新生活。前編】ハワイの思い出とともに送る、日本での新しい日々。

4人のお子さんとともにハワイに生活を移して約10年、 夫との出会いや、子供たちの自立を機に、日本での暮らしを決めた花田美恵子さん。 日本での新生活は、ハワイの思い出から溢れる愛情で満ちていました。今回は帰国後新しいライフスタイルを確立した花田さんに家族のこと、これからのことを伺いました。

2019年12月、約10年間のハワイでの暮らしを終え、帰国した花田美恵子さん。夫、豆柴の愛犬カイ君との新生活がスタートしました。「ハワイで夫と出会い、結婚。夫の仕事の関係で帰国することに。夫と出会っていなかったら、帰国する発想もなかったと思います」。さらに、4人のお子さんの自立のタイミングも重なったそう。「ハワイでの生活は大変なこともありましたが、子供たちが無事に成長し、 自立してくれたのが何より嬉しい。だから、日本での生活を決心できました」 。

それにしても、海外からの引っ越しはさぞや大がかりだったのでは。 「帰国する際、家具類はサブスクリプションを取り入れることにしたので、 引っ越しの荷物は私たちが搭乗した飛行機の手荷物として、運べるだけのものを持ち帰ってきました。段ボール箱とスーツケース4つ、これが二人の荷物全部。引っ越し作業は大変でしたが、二人で準備し、乗り越えた達成感で疲れも軽減。これまでは私と子供の家庭だったので、同じ立場で気持ちを共有する人がいませんでした。でも、 後々『あの時は大変だったね』と話せる相手がいる、とてもありがたくて幸せです」 。 帰国後、閉塞感が広がっていきます。 「『この先どうなるのだろう』という不安でいっぱいでした。しかし、自粛生活で世の中の動きがゆっくりだったことが幸いし、落ち着いて考える時間が持てました」。

ハワイで初めて夫の家に行った際、「コーヒーを淹れてくれたんです。誰かにコーヒーを淹れてもらうことが初めてでとても感動しました。

『美味しくなれ!って愛情を込めて淹れるんだよ』とも教えてくれて、私もそうするようにしています」。夫のドリップコーヒーは、今も二人の幸せの時間です。

「子供たちと一緒に、ハワイで作ったガラスのお皿です。真ん中の亀の絵は息子が作ったもの」と、優しい母親の表情を浮かべる美恵子さん。「現在離れて暮らす子供たちを感じる貴重な品ですね」。

愛らしい柄の子供用食器。「私の母が孫一人ずつにセットで買って くれたものです。ハワイにも運び、こうしてまた日本に。途中で割れたり、単品で娘が持って行ったりで、手元に残った2枚です」。

ずっと欲しかったというスロージューサーを、給付金で購入。

「なるべく有機栽培の人参とレモンを使って、このジューサーで作る人参ジュースが、我が家の朝食です」。毎朝、夫の「おいしい、いつもありがとう」の言葉もエネルギー源に!

/

ハワイでの生活も、今では懐かしく思い出せるように。

「ハワイで子供たちと一緒に、バーベキューをして楽しんでいる一枚です。 ハワイでの生活は楽しいことも悲しいこともありましたけど、それも懐かしく思えるようになりました。子供たちも成長してくれて、ホッとしているところです。私の日本での新生活も応援してくれる子供たちと、連絡はよく取り合っているんですよ」 。

『ku:nel』2021年1月号掲載

写真 玉井俊行/取材・文 河田実紀 Hata-Raku

キーワード