【タサン志麻さんに聞く。料理のコツ④】簡単レシピで気楽に楽しみながら、日々の食卓に彩を。

「料理は構えすぎず、気楽に楽しむもの」。志麻さんの料理スタイルは、日々の食卓をより色鮮やかにするヒントを私たちに与えてくれます。志麻さんに聞く料理のコツ最終回は、料理のコツに加え、簡単じゃがいものグラタンと、ブロッコリーのソテーの簡単レシピをご紹介します。

少しの工夫と段取りで、料理を楽しく手抜きして。

材料の下ごしらえよりも先にしたいのは、鍋の準備。炒めるなら油をしき、茹でるならお湯を沸かします。段取りや順番を組み替えるだけで、時間の短縮に。また、料理中に何度も洗うことになるまな板と包丁が小ぶりなら、さっと洗って拭いて、すぐ使えます。少し雑になってもいいというくらいの気持ちで、構えすぎず気楽に料理を楽しんで。

じゃがいものグラタン

材料
じゃがいも(輪切り)・・・4個
牛乳・・・400㎖
にんにく・・・1片
塩、こしょう・・・各適量

作りかた
1.皮をむいて輪切りにしたじゃがいもを鍋に並べ、牛乳を入れる。
つぶしたにんにく、塩、こしょうを加え、じゃがいもを中火で10分ほど煮る。

2.じゃがいもに火が通ったら、取り出して耐熱皿に並べる。
鍋に残った牛乳はそのまま煮詰め、じゃがいもにかける。
※オーブンを予熱(230℃)しておく。

3.オーブン(230℃)でほんのり焼き色がつくように10分ほど焼く。
※耐熱皿のまま食卓へ。

完成!

あるとないとでは全然違う、ほんのり香るにんにく。みじん切りにすると香りが強すぎるので、ここではつぶして使うのがコツ。

*『志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ』からの出典。


ブロッコリーのソテー

材料
ブロッコリー(一口大)・・・1/2個
にんにく・・・1片
パルメザンチーズ・・・適宜
オリーブオイル・・・大さじ2

作りかた
1.ブロッコリーを一口大に切る。

2.フライパンにオリーブオイルをしき、つぶしたにんにくを入れて火にかける。にんにくの香りがしてきたらブロッコリーを入れ、大さじ1の水を入れ蒸し焼きのように、ふたをして弱火で焼く。

3.ブロッコリーに焼き色がついたら、おろしたパルメザンチーズをふりかける。

完成!

グリーンの野菜をプラスすると、見た目も栄養的にもいいです。あまりなじみがないが、ブロッコリーは焼いてもおいしい。

*『1分で決まる!志麻さんの献立の作り方』からの出典。


絶賛発売中!

●簡単!美味しいレシピ、他にもいろいろ。
中華食材専門店が教える中華の基本①もやしがシャキシャキになる秘密とは?
【人気料理家・飛田和緒さんレシピ】甘辛い味に懐かしい香り。名物いなり寿司弁当の作り方。
餃子LOVEな『ギャラリーフェブ』引田かおりさんが行き着いたあっさり味の餃子レシピ。
【話題のダイエット食材を樋口直哉さんが調理①】糖質ゼロのカリフラワーライスで正月太りリセット。
おもてなしのデザートに格上げ!シャインマスカットのアレンジレシピ。

『ku:nel』2021年5月号掲載

写真 目黒智子、青木和義(料理)、中島慶子(料理)/取材・文  黒澤弥生

キーワード