中華食材専門店が教える中華の基本①もやしがシャキシャキになる秘密とは?

中華高橋

本格的な中華料理の味を家庭で再現するのは、ハードルが高いと思っている方、多いですよね。そんな方のために、今回特別に中華料理食材専門店が開催する人気料理教室から、人気メニューの基礎を教えてもらいました。前編は、基本中の基本、シャキシャキもやしの茹で方と、春雨の戻し方です。

東京・日本橋箱崎町にお店を構える「日本橋 古樹軒」は、本格的な中国料理で用いられるフカヒレやアワビ、また家庭で手軽に使える調味料や中華冷凍惣菜などを販売する中華食材の専門店。扱う食材は約800 品目以上と、国内最大規模の品ぞろえを誇ります。

中華高橋
ホテルやレストランのシェフなどプロも愛用する食材を、家庭用として気軽に購入できる『日本橋 古樹軒』。昨今は、有名店のメニューを忠実に再現した冷凍惣菜も大人気。

そんな「日本橋・古樹軒」では、 店舗2階のキッチンスペースを使って、一流シェフによる中華料理教室 「中国料理の友」 も定期開催しています(※ただし現在は感染症拡大に伴って休講中)。1986年にスタートした「中国料理の友」は、参加者全員で円卓を囲み、じっくりプロの解説を聞くデモンストレーション型。完成後、できたての料理を試食する時間も格別です。第一線で活躍する著名なシェフから、料理のコツを直接学べる機会は貴重で、主婦からプロの料理人まで幅広い層から人気を集めています。 料理教室では、幅広いレシピに応用できる基本食材の調理方法も伝授しています。

中華高橋
中国料理ファンとシェフ交流の場でもある料理教室。プロ・アマ問わず、毎月多くの人が参加する

もやしがシャキシャキになるコツはいたってシンプル!

まずは、台所の強い味方、もやしをシャキシャキ食感に茹でるためのコツをご紹介します。これさえ押さえておけば、中華料理はもちろん、和食、洋食までアレンジ自在です。
茹でるときのポイントはたったひとつ、「水から茹でること」だといいます。水分の多いもやしは高温に弱いので、水から火にかけることでハリを失わず、シャキシャキッとした食感に仕上がるそう。

1. 鍋にもやし1袋と、もやしが浸る程度の水を入れて、火にかける

2.鍋の外側がフツフツしてきたら、火を止めザルにあけ、冷水で冷やし水気を切る

シャキシャキもやしをたっぷり敷いた四川風豚しゃぶ。味付けは「雲白肉のたれ」をかけるだけだから簡単

「雲白肉のたれ」は公式オンラインショップで購入可能

/

春雨をムラなく簡単に戻すには?

次は、中華食材の定番「春雨」の戻し方です。
通常は、グラグラした熱湯に春雨を入れて、菜箸でほぐしながら茹でるのが一般的ですよね。でも、もっと簡単にムラなく戻す方法があるのだとか。なんと「ほっとくだけ」

1. 50gの春雨をボールに入れたら、400cc~500ccの熱湯を注ぐ

2. ラップなどをかけて、3 分程度そのままおく

3. 3 分たったらザルにあけ、水で洗って水気を切る

/

目からウロコの中華新常識、ぜひお試しください。
続編の②では、よだれ鶏の作り方を教わります!

●家庭で役立つ‟世界のごはん”はほかにもたくさん
【コウケンテツさんのワインに合うビストロレシピ①】牛すね肉と冬野菜のスープ
プロが教える簡単たらボナーラ。『人気イタリアンレストランオーナーの簡単動画レシピ紹介』第八弾
【人気料理家・飛田和緒さんレシピ】甘辛い味に懐かしい香り。名物いなり寿司弁当の作り方。

文/ 権 佳恵

キーワード