おしゃれミューズ小林麻美さん登場!「おしゃれには心に直接働きかける効能があるんです」

小林麻美さん

コロナ禍による長い自粛期間で、おしゃれ心も少ししぼみがちではありませんか?でもやっぱり好きな服を見たり買ったりすると気持ちが上がるという小林麻美さん。スタイルのお手本にしたかったミューズ、将来も変わらず着ているはずのアイテム、この先のおしゃれの展望を語っていただきました。

好きで買ったものは
飾っているだけで嬉しい。

2016年、クウネルで25年ぶりに表舞台に戻り、皆をあっと言わせた伝説のミューズ。颯爽とサンローランを着こなし、成熟した大人の魅力を漂わせる小林麻美さんは、ファッションへの思いもひとしお。あれから5年、おしゃれへの考え方は変わりましたか?

「おしゃれは楽しいし、大概の人が好きだと思います。自分がどう見られたいかや、今の気持ちを表すものでもあるし。ただこの1年、私はほとんど外出できず、人にも容易に会えない状況です。おしゃれをして出かける場所もなければ、そんな気分にもならない。メイクすらしない日もあります。毎日同じような服を着て、ファッションへのモチベーションも低下。こんなふうになるなんて自分でも驚きでした」

でも時折仕事や、やむを得ない用件で出かける準備をしようと、お気に入りのワードローブや、買ったけれど着ていなかった服が目に入ると、コーディネートがふっと頭に浮かんできます。

小林麻美さん
「息子が着ないからと置いていった」フラグメントデザインのコラボ・ベストに、 ザ・ロウのスカート、足元 にはルイ・ヴィトンのレザースニーカーを合わせたモノトーン・シックな組み合わせ。メンズアイテムを主役にプリーツスカートでガ ーリーに着こなして。※すべて小林さん私物

「そうやって久しぶりに服を選んで袖を通したり履いたりすると、やっぱりおしゃれって楽しいと思えてきます。実は、この大変なときに罪悪感に苛まれつつ、どうしてもほしくて買った靴があるんです。履く機会もほとんどないのに、誕生日だからと言い聞かせて手に入れました。ところが、飾って眺めているだけで不思議とうきうきしてきて、友達に写メまで送ってしまったほど。おしゃれにはモノを手に入れる嬉しさだけではなく、気持ちに直接働きかける効能があると思うんです」

家では気を抜いてリラックスする自分を許している、と語る小林さん。おしゃれにはそうやって気持ちを切り替える作用も備わっています。在宅時間が長すぎて、そのメリハリがつきづらかったこの1年。よりおしゃれの大切さを実感した期間でした。

表紙と連載がスタート。サンローランのヴィンテージコレクションを着用した、衝撃的な登場が大反響に。2016年9月号

毎号、表紙を飾り連載ページではさまざまなブランドを着こなして。この号では私服や私物を公開していただきました。2017年5月号

スナップ特集号の小林さん私服スナップ。ピーコートにキルトスカートの定番トラッドと、新鮮なスカジャンスタイル。2020年3月号

/

『ku:nel』2021年3月号掲載

写真 加藤新作 / スタイリング 小林麻美 / ヘア 林カツヨシ Jill / メイク COCO 関川事務所 / 取材・文 綿貫あかね / 編集 黒澤弥生

●小林麻美さんのエッセイ 好評連載中です!
伝説のおしゃれミューズ登場。貴重な少女の頃の写真にため息!【第1回・前編】
自撮り&エッセイで「いま」を伝えます【第1回・後編】
女ゴコロをつくる口紅について私が思うこと
香水から始まる女としてのストーリー
女性らしさを演出するおしゃれについて
我が家で評判のお料理を紹介します。

キーワード