【小林麻美さん連載】自撮り&エッセイで「いま」を伝えます【第一回・後編】

小林麻美さん 連載1-2

「あの頃」というタイトルで始まったエッセイ連載。自身が撮り下ろした写真とエッセイで、小林麻美さんの「いま」をご紹介します。

前編はこちらから

ターニングポイントがいくつかあったなーと
一年前、 25年ぶりにcamera の前に立ったとき
まるで 昨日の続きのカットを撮っているように
普通に動いている自分が 不思議だった
「やっぱり シャッターの音が好きなんだ」
と思っている自分を
もうひとりの私が
「ふうーん」て、俯瞰で見ていた
そして また
「何かが始まるんだ!」と

この一年、クウネルの連載のお仕事を通じて
25年間の空白をすごく感じたり
「あ、まったく変わっていない」と思ったり
さまざまなことを思い 感じて 楽しかった一年
だけど 試行錯誤の一年でもありました
そして 新しいstage に

これから何をやらせていただこうか
会いたい人
行きたい場所
好きな香り
懐かしい想い
あれも これも
わくわく ウキウキ 心躍ります
でも、やっぱり試行錯誤です
〝レットイットビー〟かな
座右の銘は
「人の一念岩をも通す!」と
「Tomorrow is another day」
――明日は明日の風が吹く

あの頃 そして今
明日からのわたし
どこに向かうのか
楽しみで 少しドキドキな…

朝 食事をしながら
テレビも音楽もなにもつけていないと
ふと
開けた窓から吹き抜ける
風の音が聴こえる
遠くの学校の練習の掛け声や
鳥の声も
お皿にあたる「カチャ」というスプーンの音さえ
何だか
とても新鮮で懐かしい気持ちになる
夜更けの
シーンとした静けさの音も好きだけど、
朝は何だか頑張れる気持ちになれるから
好き

空を見ていると
悩んでいることが 少しだけちっぽけに思える
若い頃は 全部ちっぽけに思えたけど
今は 諦めがほんの少し空の向こうに見えるからかな

サンローランのブルゾンで初の自撮りにトライ! 新作で旬の要素を取り入れると、やっぱり気分があがります。

伊勢丹でひとめ惚れした ディオールの靴を履いて。グログランのフラットタイプが今、いちばんのお気に入り

愛犬のしろちゃんと一緒に。子供の頃から大の動物好き。縁日で買ったヒヨコを、鶏に立派に育て上げたことも

空が好き。それも、快晴よりも雲がある、表情のある空が好き。遥かかなたに青空がのぞく瞬間。心惹かれた、ある朝の空。

フォトジェニックな東京タワーを探して、いろいろな場所に出向いて。満月の夜だから半分消灯しているストロベリームーンの東京タワー。

/

キーワード