【小林麻美さん連載】たくさんの街を経由して、いままた銀座が落ち着きます。

小林麻美さん 銀座

銀座は家族との思い出の街。あちこちの街で遊んで、食べてをしてきたけれど、いま改めて銀座に惹かれているという小林さん。銀座について綴ったエッセイを自身が撮り下ろした写真とともにお楽しみください。

家族との記憶
一番小さい時の私を
私はどんな風に覚えているんだろうか
日本橋髙島屋の屋上
アルバムの中の私は
姉とお揃いの服を着て お揃いの帽子を被って
アイスクリームを食べている
よそゆきの服を着て デパートの屋上に行く
記憶にはないけど
それが一大イベントだった
「鳥ぎん 銀座本店」
「鳥ぎん」は本当によく行き釜飯を食べた
洋食の「コックドール」
今はもうないけど確か銀座二丁目にあった
バナナくらい大きい餃子の「銀座天龍」は
お相撲さんが入り口にいたはず
「揚子江菜館」の五目そばも大好きだった
もちろん四丁目の「不二家」は 夢の国
「千疋屋」のフルーツサンドも!
銀座が大好きだった
そして 中学になり 銀座にマクドナルドが!
マックシェイクを初めて飲んだ時の あのビックリ!
だって ほっぺたが痛くなるくらい
思いきりストローを吸っても 飲めないくらい
ジャージー? で 生まれて初めての感覚
銀座 三越にマックがあった!
今は昔

あれから 六本木 西麻布 原宿 渋谷……
たくさん 食べて 飲んで
最近は また銀座に帰ってきた
帰巣本能だろうか!?
今 また銀座が 不思議と落ち着く

食文化だけでなくファッションの街としての歴史もある銀座。それを牽引してきた老舗「サンモトヤマ」もここになくてはならないブティック。

釜飯と焼き鳥の「鳥ぎん 銀座本店」は、常連客たちからも長年愛され続けている銀座の名店。家族との懐かしい思い出の店です。

/

今一番気に入っている
イタリアンの店で
気の置けない友人たちとランチ
私の大事な人生の先輩であり
ファッションのアドバイザーの布さん
洋服から子供の事まで話は尽きない
開業医の眞理ちゃん
そして この店のオーナーの玲子ちゃん

「イル カルディナーレ」で必ず注文する 牛フィレ肉のカツレツ R.I.R.とパルミジャーノ フレッシュトマト¥3600(※)。肉厚。※掲載のメニューはすべてアラカルトの値段 (税抜)。通常のランチセットは別メニュー ¥1,800〜(平日)、¥2,000~(土日祝日)。

前菜は、私の一押しの 魚介のサラダとスペルト小麦¥2、500をシェアして。小麦入りでヘルシーです。

イル カルディナーレ●東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F● 03-3573-3088●11:00~15:00(ランチ)、 17:30~23:30(ディナー)無休●https://www.ilcardinale-ginza.com/

/

年齢を重ねると
友達が本当に大切なんだ!と思う
踏み込まず 立ち入らず
大人の距離感を大切に
だけど 困った時は何時でも駆けつけあえる
そんな友人が居てくれることが 私の財産です
衣食住 そして友達
大人になると 人との関係も成熟し
認めあえるようになるのかな?
と 思うこのごろ

トスカーナ料理を中心とするイタリアンレストラン、「イル カルディナーレ」は、ギンザシックスの6階に。

眞理ちゃん、玲子ちゃん、布さん、リモコンシャッターの自撮りが“ピンボケ”でごめんなさい!

今回の東京タワーは、 点灯時間限定の「レインボー・ダイヤモンドヴェール」。冬空に美しく輝いて

/

キーワード