整理収納アドバイザーの浴室を美しく保つコツ。物がないほど、ラクしてきれいは続く

青木さんのお風呂&トイレ収納

〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバー・青木美詠子さんに収納のコツを教わる連載。今回は、浴室とトイレの整理収納について。


できる限りものを少なくして、掃除の手間や、カビ発生を軽減。

今回は、浴室とトイレの整理収納です。そんなに整理する物ある?と思われそうですが、どちらも「物がないほど、何もしなくていい」という整理収納の基本を実感する場所。

浴室は7年前に家を建てた時、『リクシル』のユニットバスで施工しました。ここは日頃からいちばん気をつけている場所なので、わりときれいなほうだと思いますが、撮影前にもしっかり掃除しました(ライトをつけて明るく撮影)。

パーツ選びの際には、少ないと掃除する場所が減るので、棚の数を2個か3個かでかなり悩んだものです。でも足りないと困るし、最悪外せるので3個にしました(時々、外してクエン酸水で水垢を浸け置き)。整理収納や掃除の意識がなかったら、逆に数は悩まなかったかもしれません。

置いてあるのはメイク落とし、夫婦共用のシャンプー、ボディソープ『えがおの力』のみ。使う物が少ないのです。もしご家族でボトルが多すぎたら、カビやヌメリ防止のため、使う人がその都度「持ち込む方式」もアリかと。元々すべてを外に出している方もいらっしゃるようです。うちはそこまでしていませんが、絶対使う物だけ置くようにしています。

掃除道具の収納場所

乾きやすい上のほうに掃除道具を置いています(スクイージー、重曹、ブラシ2種)。毎日してるのは、風呂上がりにシャワーで全体の泡をよく流し、スクイージーと布で水気を取ることだけ。時々「今日は床」など、小分けに掃除します(すぐ終わるので裸のまま)。風呂の水気で汚れがゆるんでいて、よく落ちるので、乾いてる昼間にわざわざ掃除することはありません。

風呂椅子と桶はなどを収納する置き場所
風呂椅子と桶は、置き場所を試行錯誤したあげく、逆さにして浴槽に。うちは吊るす場所が少なく、浴槽の縁は水垢対策で何も置きたくないため。とにかくひっくり返すとカビが生えにくいです。
水栓周りの掃除
水栓周りもカウンターなしを選択したので、汚れやすいカウンター裏が存在しません。この水栓だけを、最初は面倒ながらも布で拭いてあがっていたら、水垢がつかないのに驚き!嬉しくて拭く場所を徐々に広げた次第です。
浴室内のボディタオル掛け
反対側のボディタオル掛け。昔から布製を何度も試しましたが、乾きにくいのが気になってナイロン製に。ここにS字フックで風呂椅子を掛けたこともありましたが、面倒&不安定でやめました。
MARKS&WEBのバスマット
床が木なので水気が浸透しないよう、バスマットを2枚重ねています。厚めのコットンの上に、リネンのを。どちらも『MARKS&WEB』の。最後に足に触れない下側のマットで周りに散った水気をさっと拭き、洗面所に干しています。
/

\トイレの収納/ 

次にトイレ。施工時に新モデルもありましたが、個人的にウォシュレットは不要なのと(掃除面など様々な理由)、動かすのに電気を使いたくない、小さな手洗いを別に付けると割高、などの理由で古いタイプに。でも気に入ってます。

ペーパーホルダーはKAWAJUNの製品
便座には布製のカバーを(冬も電気で温めなくて大丈夫)。ペーパーホルダーなどは『KAWAJUN』の製品。
トイレの中にある収納棚
横の棚は、トイレットペーパーが入る深さに設計。掃除用のクエン酸スプレーもここに。正面には、ひとつだけ飾り棚を。
/

浴室やトイレなどの水回りでは、日々が忙しい方ほど「がんばって何も置かないようにする」と掃除がラクになります。物があるほど、カビや汚れにつながるため。それで新居では鏡や浴槽の蓋もナシにしました。鏡には必ず水垢がつくので、本当に設置しなくてよかったです(不便なし)。

将来、家をつくる方も、浴室に鏡やガラスはないほうがラクかと。もうある方は、いったんクエン酸湿布などできれいにした後、日々そこだけでも布で拭いてみてください。こんな10秒程の動作で水垢がつかないのかとわかり、拭くのが苦にならなくなります。

整理収納と掃除は、水回りでは特に結びついていると思うので、掃除が嫌いな方は掃除対象となる物を減らしてみましょう。「ひとつ撤去すると変化が現れる」、それは整理収納の醍醐味です。

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード