「いつか」を先送りにしない。老後の資金を減らさない程度で「オンライン英会話」をはじめました。

青木さんの英会話にまつわる話

<クウネル・サロン>プレミアムメンバー青木美詠子さんが以前の記事で「いつか学びの機会を」と話していた英会話。何年も先送りにしていましたが、やっと、動き出したようです。


先延ばしにしていた「今年の目標」を実現させようと思います


今回は「オンライン英会話」の話(前半)です。「今年の目標」にも書いた、やりたいのに何年も先送りにしていたこと。大学時代、英語部に所属し、ある程度は喋れたのに忘れ放題なのを少しでも食い止めたいのと、遠い将来の海外旅行にも備えたくて。

でも、いつも「落ち着いたら始めよう」と思うのですが、「落ち着いたら、っていつ?」「今そこまで時間ないの?」と思う気持ちもムクムクと。最後に背中を押したのは、コロナ禍で「話す人を増やしたい」という気持ちでした。

もともと家にいる私ですが、コロナ禍で他者との会話がかなり減った気がして。友達とは時々長電話をしたり、散歩したりはしていましたが、相手の都合もあろうと遠慮もあり、「夫とばかり話してるわ」という日々でした(それはそれで、ありがたいことですが)。

そしてやっと今頃、「英会話したら、知らない外国の人と家から喋れる。新鮮」と気づきました。普段は人見知りなのに、外国の方だとそれが発動しないのが不思議ですが。ふと旅先で現地の人と喋る感覚なのでしょうか。

また自分は休暇なのに、夫は仕事で忙しいゴールデンウィーク(先月の話)に、何か楽しみというか、違うことをしたかったのもありました。そう決めただけで、そこまでの期間がワクワクしたのもよかったです。

ドライフラワーと本棚
私の本棚の上。ドライフラワーの一時置き。

でもスクールを探すにあたっては、「お金をあまりかけない」のが必須条件。今の私に英会話は必要事項ではなく趣味なので、それで老後のお金を多く減らしたくはなく、払える範囲で気晴らしに、と思っているので。

そこから改めて「オンライン英会話」で検索したら、実は何年か前から費用が安いと目をつけていたところがやはり、時々やる分には安い気がして。「25分のレッスンを月に2回で約2000円」というコースがあり、ほぼ1回1000円です!昔、カフェで個人レッスンを受けていた時は、1時間4000円だったので、だいぶ安価。でももっと回数を多くする分には、違う会社でお得になるところがありそうです。

が、検索して迷うばかりでは進まないので、「違ったら、すぐやめればいいし」とここに決めました。「eigox」というサイト(本当に偶然見つけ、何の関係もありません)。入会金もなく、長期のレッスン料を全額払い込まないのも気楽です。

通信には「Skype」を使うのですが、数年前に夫が必要で、通信テスト用に私も開設ずみ(ダウンロード→インストールするだけ。ネットにやり方も)。でもそこから、まったく未使用でした。

そのいっぽう、コロナ禍になって私はオンラインセミナーを開催してみようと、みんなが使っていた「Zoom」というソフト(「Skype」と似ているもの)の使い方は習っていました(「ココナラ」というサイトで、よさそうな先生を探して。そのレッスン料も安価)。それから何度かオンラインセミナーをやったので、パソコンを通して話すのに少し慣れていたのも、また背中を押したようです。

オンライン英会話の本
ずっと前に買っていたオンライン英会話の体験本。最初のガチガチな姿にも勇気づけられます。 

さて、次はどの先生にするか。私はアメリカ英語の発音が好きなので、その中で女性の先生を探すことにしました。たくさんの講師の中から優しそうな顔の方を中心に、プロフィール動画で話す姿をチェック。日本語ができる方や、小さいお子さんの授業OKの方なども。

また生徒さんの口コミも書いてあるので参考に。そのうえでスケジュールが合う方を、無料体験レッスンに選んでみました。ポチッと押すと無料でも、もう引き返せない感じ。「私、大丈夫かあ~」と思いながらですが、「まあ、もうやってみよう」です。次回、そのレッスンの様子などお伝えできればと思います。

aokimi’s memo

青木さんメモ
青木さんメモ
/

キーワード