45歳からの頭皮ケア。ドラッグストアの大定番『大島椿』椿油のマッサージで髪が「引くほど」サラサラに。

大島椿 椿油 ヘアケア

日本全国、どこのドラッグストアでも見かける『大島椿』の大島椿〈椿油100%〉。主に、ヘアケアによいアイテムですが、実は、顔にもボディにも使える万能アイテム。年齢とともに髪の悩みが増えるマチュア世代にもおすすめです。

ドラッグストアで必ず見かける『大島椿』の大島椿〈椿油100%〉。発売から90年以上も経つという超ロングセラー商品ですが、使ったことはありますか?筆者は学生の頃から断続的に愛用してきました。新しいヘアケアアイテムが出ると、つい浮気心が働き、別のアイテムに手を伸ばしたりもするのですが、やはり大島椿に戻り、、、と、気づけば30年近くのお付き合いです。

大島椿 ヘアケア
クラシカルなパッケージも素敵です。 大島椿〈椿油100%〉40mL 1,210円。一回の量が本の数滴でOKなので、このひとビンでかなり長く使える。

40代半ば過ぎから、髪のトラブルが多発。変なウネリが出てまとまりにくくなったり、パサついたり。季節の変わり目には、かゆみやフケが気になることも……(脂漏性皮膚炎と診断されました)。そんなときに、椿油のヘビーユーザーさんの取材をする機会に恵まれ、その素晴らしさを改めて知り、再び使うようになりました。

椿油 大島椿 椿の花
冬から春にかけて咲く椿の花。散るときは、ポトリと花首ごと落ちる。

椿油は椿の種子から採った天然椿油100%。日本が原産で、人の皮脂成分に最も近いオレイン酸が多く含まれ、これが髪や肌の保湿効果があるのだそうです。他の油に比べて酸化しにくく、匂いがほとんどしないのも特徴。以前、ココナッツ油が流行ったときに、髪や顔につけていたのですが、匂いが気になったり、冬場は固まってつかにくかったりしたのですが、椿油はそれが一切なし。

その取材のときに教えてもらい、本当に感動したのが、シャンプー前のマッサージに使うこと。頭が乾いた状態で行うのですが、5~8滴くらいを手に取り、指先と指の腹でなじませ、少しマッサージ。5分ほどおき、普通にシャンプーをすると、全体にツヤが出て、とにかくサラッサラになるのです。太くてかたくて、クセのある三重苦の私の髪でも、です!

シャンプー後の濡れた髪に「洗い流さないトリートメント」としても優秀ですが、量を間違えるとベタついてしまうことがあります。でも、シャンプー前に使う分には、必ず洗い流すので、失敗なし。とにかく引くぐらいサラッサラになります。

大島椿 椿油 メイクポーチ
旅行時は椿油を小分けボトルに入れて。メイク落とし、化粧水の後の保湿、ヘアオイルはこれ一本でまかなえるので、荷物がとても少なくて済みます。

大島椿のすごいところは、髪以外の顔やボディにも使えるところ。メイク落としや、顔やボディの保湿にもOKなんです。私は、小分けボトルに入れて、旅行のときは必ず持参。大きなお風呂でゆっくり頭皮マッサージをしたり、メイク落としにつかい、お風呂上りに全身を保湿したり、とにかくこれ一つでマルチに使えるので、荷物が少なくて済むんです。


文/鈴木麻子

●そのほか、ロングセラーアイテムについての記事いろいろ

90年超えの歴史には訳がある!千円以下〈ロゼット洗顔パスタ〉の実力。そのほか愛用ロングセラー品。
マスクにひと吹きでうっとうしさ軽減。国産天然ハッカ油が暮らしのいろいろに役立ちます
”柳宗理デザイン”の系譜。『ヨシタ手工業デザイン室』の美しさと使いやすさを兼ね備えたツール。
キッチンスポンジ選びでもう迷わない。台所道具通が認める泡立ち抜群、丈夫で長持ちのスポンジ。
もう担々麺もミートソースも怖くない?!洗濯石けん『ウタマロ』が頼りになる。

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード