そろそろ行きたい!50代からの沖縄旅行は、快適ホテルをベースにしたゆるりトリップ。

クラブ リビング テラス 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん

「リゾート」が枯渇していた私たちが、いま一番欲しているのは、どこまでも⻘く澄み渡る空と海。朝ドラ「ちむどんどん」の雄大な景色を見ては思いを馳せる日々ではないですか?

そんなみなさまに、オープンしたばかりの『沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん』をご紹介します。全客室オーシャンビューが自慢のリゾートホテル。美しい海を部屋のベッドやプールで眺めながら、のんびりとホテルで過ごす沖縄旅はいかがですか?

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん

『沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん』は、沖縄県では初となる「プリンスホテル」ブランド のホテル。340室の全客室がオーシャンビューでテラス付きという贅沢な仕様で、どの部屋からも目の前に広がる海を望むことができます。

スーペリアル・ツインルーム  沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん 宜野湾マリーナ
ご友人同士での宿泊におすすめのスーペリアツイン。全客室オーシャンビューで、テラスからは宜野湾港マリーナが臨める。

まずは客室をご紹介。スーペリアフロア(3階〜11階)のスーペリアツイン、プレミアムツインは、33〜 50平米とゆったりしたお部屋で、ご友人同士の宿泊におすすめ。約50平米のファミリールームには2階建 てベッドをしつらえたユニークなデザインで、お子様連れの家族はお部屋でも楽しく過ごせそうですね。 専用ラウンジやインフィニティプールが利用できる12階〜14階のクラブフロアは、ゆっくり寛ぎながらホテルステイを楽しみたい方へおすすめ。1室のみのザ・クラブスイートは、キッチン・リビング・ベッドルームに加えて広々としたテラスがあり、憧れの沖縄ステイを満喫できる贅沢なお部屋です。

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん ファミリールーム
階段を上がると2人寝られるベッドルームになっている「ファミリールーム」。
ザ・クラブ 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
広々としたリビングでゆったりくつろげるクラブフロアの「ザ・クラブ」。
クラブ リビング テラス 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
「ザ・クラブスイート」のリビングルーム。テラスからは美しいオーシャンビュー。
クラブラウンジ UMIKAJI 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
14 階のクラブラウンジ「UMIKAJI(ウミカジ)」。併設されたインフィニティプールとともに、クラブフロア宿泊者は滞在中無料で利用できる。
/

インフィニティプールからの絶景にうっとり


インフィニティプール 宜野湾 ヨットハーバー

館内の施設も充実。海との一体感を楽しめるインフィニティプールは、2階と 14 階(クラブフロア宿泊者専用)の2カ所に用意。眼下には宜野湾のヨットハーバーが望め、まるで海外にきたかのような景色にうっとりでした。⻄向きなのでサンセットビューを期待できるのもうれしいオプションです。訪れた日はやや雲がかかっていたものの、オレンジ色に染まる海を拝むことができました。 2階にはインフィニティプールのほか、屋内プール、大浴場、サウナ、岩盤浴などがあり、滞在中は無料で利用が可能です。

インフィニティプール サンセット
14階のインフィニティプールでのサンセット。
インフィニティープール 宿泊 沖縄
まるで海外リゾートに来たかのような、ヨットハーバーを望む景色。
インフィニティープール リゾート ヨットハーバー
インフィニティプールはもう1カ所、2階にも。宿泊者は無料で利用できる。
インフィニティープール 屋内プール 
2階フロアにはインフィニティプールのほか、屋内プールも。
大浴場 アイスミスト 岩盤浴 ミストサウナ
“巨大かき氷機”のようなマシンにびっくり!これは「アイスルーム」だそう。大浴場にはほかにもミストサウナや岩盤浴もあって大充実。
/

レストランは1階に1カ所。ビーチハウスをイメージした高い天井が気持ちいい「All Day Dining Jinon(オ ールデイ ダイニング ジノーン)」は、沖縄県産の食材を使ったメニューを朝・昼・晩といただけるレストラン。オープンキッチンでのライブパフォーマンスもあり、出来たてのお料理をいただけます。ちなみに私がツボだったのは、島らっきょうのポテトサラダと紅芋モンブラン。

※メニューは変更になります

オールデイ ダイニング ジノーン レストラン
地元の食材を使った料理を楽しめるレストラン「オールデイ ダイニング ジノーン」。
ステーキ シーフード 食事 オールデイ ダイニング ジノーン
ステーキやシーフードはシェフがサーブ。マグロの炙り焼きや天ぷらなどは、注文するとその場で調理してくれる。(メニューは変更になる場合があります)
オールデイ ダイニング ジノーン 朝食 沖縄 オムレツ
黑糖パン、シークヮーサースムージーなど沖縄の食材をいただける朝食メニュー。沖縄産卵のふわふわオムレツは出来たてを。
/

ホテルを彩る地元作家のアート作品


沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん 館内 アート 芸術 沖縄

館内のいたるところには、沖縄にゆかりのあるアーティストが手がけたアート作品が彩ります。コンセプトは「風とあっちゃーあっちゃー」。「あっちゃーあっちゃー」とは沖縄のことばで「歩き回る」という意味。ホテルで過ごす時間を散歩するように過ごしてもらいたい、という想いを込め、シーサーアーティストや染色家、パフューマーまで、さまざまなアーティストとのコラボレーションを展開。館内に散りばめられたアートを、ぜひ探してみてください。

シーサー 宮城光男 エントランス 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん 館内
翡翠の釉薬で色付けしたやちむん(焼き物)シーサーが。 ホテルエントランスに一対鎮座し、お出迎え。
紅型 染物 ロビー 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
ロビーやレストランなどの壁面には沖縄伝統の染物である紅型(びんがた)で使用されるデザインの作品が。
紅型 展示 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
2階フロアには、紅型(びんがた)をモチーフにしたアート作品が展示。
スーベニアショップ お土産 アート 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
スーベニアショップの壁一面にもアート作品が。
風景 ベンガラ色 焼き物 沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん
沖縄の風景でもあるベンガラ色で色つけしたやちむん(焼き物)。どこに飾られているか、宿泊されたらぜひ探してみてください!
/

こちらのホテルに宿泊してみて印象的だったのは、レストランの料理人やたくさんの質問に笑顔で応対してくださったプリンスホテルのスタッフの方々の笑顔です。次回訪れた時は「おかえりなさい」と言って迎えてくれそうな、アットホームな雰囲気も、とても素敵でした。

沖縄プリンスホテル オーシャンビューぎのわん リゾート

ロケーションは、那覇空港から車で約30 分。ホテル周辺には、沖縄最大級のヨットハーバー「宜野湾港マリーナ」や、プロ野球キャンプでも有名な「ぎのわん海浜公園」、海水浴が楽しめる「トロピカルビーチ」、 コンサートも開催される「沖縄コンベンションセンター」などが徒歩圏内。

取材・文/神保亜紀子

●そのほか、行ってみたいホテル記事
キッチン&家電付きで暮らすように滞在。『オークウッドホテル&アパートメンツ麻布』で快適ステイケーション。
遠くへ行けない分、近場で贅沢がいまの気分!『星のや東京』の深呼吸養生とは?
食と音楽で癒しのご褒美。銀座にオープン、『ホテルグランバッハ東京銀座』で心身リフレッシュを!

バルミューダフォン スマホ 菜木のり子

スマホといい距離感で暮らしたい。 〈バルミューダ フォン〉で築く、 豊かな時間、快適な暮らし。

Promotion

キーワード