遠くへ行けない分、近場で贅沢がいまの気分!『星のや東京』の深呼吸養生とは?

今井恵

美容ライターとして活躍する、<クウネル・サロン>プレミアムメンバーの今井恵さんの「近旅」レポート。海外旅行へ行くことが叶わない今、その分、近くで贅沢を。「星のや東京」へ女友達とふたり旅をしてきたそうです。

女友達とふたりの贅沢トリップ

ゴールデンウィークや夏休み、お正月休みなど、夫婦や家族、また女友達との海外旅行を楽しんでいたのは、いつのことだったのでしょうか? ワクチン接種が進み、感染者が減り、少しずつ以前の日常を取り戻しつつありますが、やはり海外旅行だけは叶いません。そこで交通費の分、少しだけ贅沢をしてしまおうと女友達とふたり「星のや東京」に出かけ“深呼吸養生”という2泊3日のプランを堪能してきました。

こちらのプログラムは、呼吸を調えることで日頃の慌ただしい生活で乱れがちな心と体のバランスを整え、美しく健康的に過ごすための習慣を身につけるプログラム。それがコロナ禍において、新たに「肺機能を強化する」「体温を上げ、免疫力をつける」という、願ってもない項目がプラスされ、さらにリニューアルされたプログラムです。

ホテルではなく「温泉旅館」です

『星のや東京』を「都心のホテル」と思う方が多いと思いますが、実はここは温泉旅館なんです。場所は大手町のいわゆる金融街。そこに江戸小紋の麻の葉崩しをモチーフにした、抜き型で覆われたビルがあり、1棟まるごと旅館になっています。エントランスは大きな青森ヒバの扉。開けて中に入ると、まずは靴を脱いで畳の上に上がります。畳を踏みしめ、ふわっと心地よく香るの白檀の香りで非日常へと頭が切り替わります。同じく畳敷きの珍しいエレベーターで宿泊階に着くと、目の前には「お茶の間ラウンジ」。ここはフロアごとにあるラウンジルームで、滞在中は自由に使えます。同室の人がお昼寝をする際はここでお茶を飲んでもいいし、お菓子をいただいたり(冷蔵庫の中にはミニアイスも)、ひとり静かに仕事をすることも可能です。女性同士の旅でも同室の友人に気兼ねなく過ごせるこんなスペースがあるのは、とてもありがたいことです。ここでお茶とお菓子をいただきながらチェックインを済ませ、部屋にはいって滞在着に着替えます。畳の室内と、小上がりにあるふとんベッド。なんだかホテルと旅館のいいとこ取り。滞在中は、滞在着と裸足のまま(靴下も用意されています)館内のどこにでもいけるので(メインダイニングもOK)、極端な話、手ぶらでも滞在できるのです!

今井恵
「星のや東京」の外観。一棟まるごとが温泉旅館。最上階に露天風呂も。
今井恵 チェックイン
チェックインの際に提供されるお茶と季節のお菓子。これは9月のお月見のお菓子。
今井恵 
滞在中の体を動かすプログラム用にレンタルウエアも用意されている。
/

荷物をクローゼットに移して部屋でひと息ついたあとコンサルテーション。問診表に記入し、滞在中の予定を説明されます。

滞在中、おもに行うのは5つのプログラム。

1. スパトリートメントとストレッチをしながらの温泉入浴で身体を温める。
<翡翠のトリートメント><葉玉のトリートメント><貸切温泉でストレッチ>

2. 発酵食材や季節の野菜を使った食事で免疫力をつける。
<豆乳鍋><オリジナルランチ> <Nipponキュイジーヌ 〜発酵〜>

3. 下半身の筋肉をしっかりと動かし、体温を上げる。
<パワーウォーク>

4. 深い呼吸のできる身体へと調える。
<ボディリメイク><深呼吸ストレッチ>

5. 香りで、感覚を研ぎ澄ます。
<香りのブレンド体験>

まずは17階のラウンジで<ボディリメイク>。R-body project所属の専属コンディショニングコーチから言われた動きをすることで、体を隅々までチェック。私は予想通り下半身の筋肉バランスに問題があり、友人は上半身という真逆の結果に。呼吸をしながらの運動は“地味ながら効く”といった感じのストレッチ&筋トレといった動きです。トレーナーはふたりを交互に見ながら、的確に動かし方や弱い部分にアドバイスしてくれるので、改めて自分の体の改善すべき点や弱い部分を知ることになって、とてもためになりました。私は忘れてしまったのですが、これは動画に撮っておいて、自宅での運動に使うのがオススメです。パーソナルなトレーニングなので、日頃の体の悩みやコリやむくみの解消方なども気軽にうかがうことができました。

今井恵

お待ちかねの夕食はお部屋で

夕食は客室でいただきます。薬膳料理で肺の機能を高めるといわれる大根、白キクラゲ、豆腐、そして免疫力をつけるキノコ類もふんだんに使う豆乳鍋。しかもひとりずつの鍋という気配りも。生姜やネギ、山椒など9種類の薬味を自由にブレンドして好みの味で食べるので、飽きずに箸がどんどん進みます。運動のせいなのか、鍋のせいなのか、身体がポカポカしてきて、このままベッドに入ったらぐっすり眠れそう。でもまだまだ初日最後のプラグラムが残っています。

今井恵 豆乳鍋
一人分ずつ、美しく食材が並べられた豆乳鍋。豚肉でネギやキノコをくるりと巻いて薬味でいただきます。
今井恵 豆乳鍋スパイス
9種類の薬味を混ぜ、オリジナルのつけダレを作るのも、また楽しい!
/

2回のスパトリートメント付き!

なんとこのプラグラムには2回のスパトリートメントもついています。初日は温めた翡翠を使った全身のトリートメント。温かい翡翠に足先からなでられるようで、むくみやコリがすべて流され、身体がじんわり温まりながらほぐれていくのを感じます。うつぶせだった身体を表に返す頃には意識が朦朧としてくるのが心地いいこと! 自分の全身が香りのいいオイルで包まれていることもあり、部屋に戻ったらだらりと弛緩。用意されていた“黒豆とレモングラス”のハーブティーを一杯飲んだら、まぶたが自然に落ちてきました。ダブルガーゼが肌にやさしい“星のやパジャマ”に着替えておやすみなさい。

→2日目の滞在記につづきます。

今井恵
大小さまざまな翡翠が温められ、体のあらゆる部分を温かい石でなでられる心地よさ!
今井恵
部屋に戻ってこんなティーセットを見つけるだけで、その心遣いに気持ちがホッと和みます。
/
美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード