【差し上げ菓子と普段のおやつ】シャリッもちっの新食感。「溶けないアイス」くずバーの魅力と、ゼイタク煎餅の思い出。

今西誠進堂 くずバー

生粋の和菓子好きである美術作家・岡美里さんが教えてくれたのは、 ほっと心が落ち着く、昔ながらのお菓子。ふたつの老舗が奏でるやさしい味は、お茶の時間を和やかに。

小さい頃から和菓子好きという岡さん。「年齢を問わず楽しめるのが魅力」と、教えてくれたのは老舗和菓子店のもの。ゼイタク煎餅は、祖母との思い出が詰まったお菓子。

「祖母には私も含めた9人の孫がいて、 それぞれの好みに合わせて、よくお土産を買ってきてくれました。生クリー ムやチョコレートが苦手だった私には、 ゼイタク煎餅があてがわれて嬉しかった。昔ながらの手作り感や、変わらないパッケージが愛おしい。コーヒーと合わせて食べるのが大好きです」

旅先でも和菓子屋さんには必ず入店。今西誠進堂のくずバーとの出合いも偶然でした。 「以前、奈良で古墳巡りの旅をしていた時に見つけたくずバー。頭がキーン とならない冷たさに感動しました。食感は斬新なのに、吉野葛を使用したどこか懐かしい味。たっぷり果実もリッチです」。

「溶けて汁が垂れることがないので、お子さんがいるご家庭にも喜ばれそう。これからあたたかくなっていくので、 ひんやりやさしいスイーツを贈ってみてはいかがですか?」

●差し上げ菓子●

今西誠進堂のくずバー

今西誠進堂 くずバー  差し上げ菓子 おやつ
親子三代で伝統を受け継ぐ、奈良の老舗和菓子店。奈良の名産・吉野葛を使用した「溶けないアイス」。生フルーツがたっぷり入っていて、凍らせたゼリーのような食感。味はいちご、マンゴー、甘夏、ブルーベリー、パイン、フルーツソーダ。(6本セット1,500円)
奈良県高市郡明日香村岡383–4 電:0744–54–5288

●普段のおやつ●

重盛永信堂のゼイタク煎餅

重盛永信堂 ゼイタク煎餅  差し上げ菓子 おやつ
1917年創業の老舗。名物の人形焼とともに時を重ねてきたゼイタク煎餅。戦時中、貴重な卵や砂糖を使った贅沢な菓子として名付けられ、クッキーのような甘みが特徴。定番の小判型煎餅をはじめ、生姜やビンズなどさまざまな味が。(80g 各300円)全国配送可。
東京都中央区日本橋人形町2-1-1 電 :03-3666-5858

『ku:nel』2021年9月号掲載

写真/近藤沙菜、取材・文/阿部里歩

●差し上げ菓子と普段のおやつシリーズ
フードスタイリストが欠かさずストックし、「ここぞ」というときに贈るスイーツとは?
菓子研究家・高吉洋江さんがプロの視点で厳選。老舗のおいしさ、喜ばれる贈りもの。
お菓子好きが太鼓判!『オーボンヴュータン』と『ジョエル・ロブション』の定番焼き菓子。
正統派のおやつには長く愛される理由があります。伝説のミルフィーユと行列のどら焼き。

バルミューダフォン スマホ 菜木のり子

スマホといい距離感で暮らしたい。 〈バルミューダ フォン〉で築く、 豊かな時間、快適な暮らし。

Promotion

キーワード