【差し上げ菓子と普段のおやつ】フードスタイリストが欠かさずストックし、「ここぞ」というときに贈るスイーツとは?

成城アルプスのモカロール

お世話になった人に差し上げるお菓子も、 自分を癒すとっておきのスイーツも。「やっぱりこれが好き 」と思えるものを。スタイリスト・吉岡彰子さんのお気に入りを伺いました。

包みをあけるとふわりと洋酒の香りが漂い、真っ黒な見た目にも期待が高まります。「熟成が進むとフルーツミックスが見えなくなるほど生地になじみ、しっとり奥深い味わいになるんです」

料理雑誌や書籍などでスタイリングを行う吉岡彰子さん。仕事柄、お礼のお菓子を購入することも多く、その中でも一番のお気に入りが『カストール』のダークケーキだそう。

「季節に合わせたお菓子選びは楽しい時間ですが、私には、このケーキの出番を待つ時間がとても幸せです。常温で長期保存できるのもうれしい魅力で、2本を常備しておき、ここぞというときに持参しています」

また、長年お気に入りだという普段のおやつは、バタークリームと薄い生地を組み合わせたモカロール。

「冷蔵庫でしっかり冷やして食べるのが好きです。フォークを入れると弾力を感じ、口に入れるとやや塩みのあるバタークリームが広がります。長年、 変わらないおいしさにホッとします」

●差し上げ菓子●

カストールのダークケーキ

カストール ダークケーキ
フレンチレストラン『CASTOR&LABORATORY』で30年以上愛されるメニュー。自家製フルーツミックスとスパイスを使ってたっぷりの洋酒に浸したパウンドケ ーキは、熟成を追うごとに芳醇深い味わいになる。1本3,900円(税込)東京都港区南青山6-13-5 ポルト ポヌール203 電 :03-3409-1512 https://2castor.com/

●普段のおやつ●

成城アルプスのモカロール

成城アルプス モカロール
1965年創業の洋菓子店。フランスの伝統のケーキや焼き菓子などを販売。名物のモカロールは創業当初からの看板商品。上質なバターのくちどけがよく、丁寧に焼き上げられたモカ生地との相性が抜群。カット346円(税込) のほか、ホールも。
東京都世田谷区成城6-8-1 電:03-3482-2807 http://seijo-alpes.com

『ku:nel』2021年5月号掲載

写真/近藤沙菜、取材・文/結城 歩

●そのほかの、差し上げ菓子と普段のおやつ
忙しいときこそ甘いもの。 徒歩3分圏内のおやつに支えられて。
正統派のおやつには長く愛される理由があります。伝説のミルフィーユと行列のどら焼き。
お菓子好きが太鼓判!『オーボンヴュータン』と『ジョエル・ロブション』の定番焼き菓子。
お菓子を介して会話も弾む。だから大切なコミュニケーションツールです。

結城アンナ 連載

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 前編】「おもてなし感覚が楽しい!」見て、触れて、味わう、 新しいストア体験。Vol.5

Promotion

キーワード