旅の思い出をお家で再現!フード編集者 ツレヅレハナコさんによる山形、ポルトガル料理のレシピ

いも煮 ツレヅレハナコ

フード編集者であり旅を愛するツレヅレハナコさんは各国の鍋や台所用品を買って持ち帰り、毎日の暮らしに楽しく取り込んでいます。「現地で食べたおいしい味を再現することが好き」。今回はそんなツレヅレハナコさんによる東北料理『いも煮』とポルトガル料理『カンジャ』のレシピを紹介していきます。

■鍋その1

いも煮

山形県をはじめ、東北各県で作られるこの料理、牛肉、豚肉、みそ味、醤油味とさまざまなバリエーションがある。具沢山で、体の芯から温まる一品。

いも煮 ツレヅレハナコ
材料に決まりはないが、里いもは必ず。だしは具材から出るから特に用意しなくて大丈夫。

●材料( 4 ~ 5人分 )

鶏もも肉…1枚
油揚げ…1枚
大根…3cm
にんじん…1本
舞茸…1パック
里いも…4個
長ねぎ…1/2本
つきこんにゃく…200g
しょうゆ…1/2カップ

●作り方

1)鶏もも肉はひと口大に切る。油揚げは縦半分に切ってから1cm幅に切る。 大根、にんじんは4cm長さに切り、 縦半分に切ってから薄切りにする。 舞茸はほぐす。里いもは皮をむいて、 1cm厚さに切る。長ねぎは青いところも含めて斜め薄切りにする。つきこんにゃくは下ゆでする。

2) 鍋に長ねぎの青いところ以外の具と 水1.5リットルを入れて火にかけ、 里いもに竹串がすっと通るようになったらしょうゆを加える。仕上げに長ねぎの青いところを散らす。


■鍋その2

カンジャ

当地で習った家庭料理。優しい鶏スープにはお米が入っていて、風邪のときなどに作るのだとか。「日本の鶏雑炊みたいな滋養たっぷりのスープです」

カンジャ
最後にレモンを搾ると、すっきりとした味に。 ディルも大切なアクセントになっている。

●材料(4人分)

鶏むね肉…1枚
鶏手羽先…4本
玉ねぎ…1/2個
セロリの葉…1本分
にんにく…1かけ
クローブ…2粒
米…大さじ3
塩…小さじ1
レモン、ディル…各適宜

●作り方

1)鍋に鶏むね肉、手羽先、5mm厚さに 切った玉ねぎ、せん切りにしたセロ リの葉、つぶしたにんにく、クロー ブ、水1.5リットルを入れて中火に かける。沸騰したら弱火にして30 分煮る。

2)鶏むね肉を取り出して粗熱をとり、 細くさく。スープに米、塩を加えて さらに30分煮る。

3)手羽先を取り出して骨をはずし、む ね肉と共にスープに戻し入れる。器 に盛り、レモンとディルをのせる。

ku:nel 2021年5月号記載

写真 柳原久子 / 取材・文 船山直子

●その他食べ物のトピックいろいろ

【簡単薬膳レシピ】身体の内側からポカポカ温める!やくぜんもとこの“楽楽おつまみ”

いよいよ立冬。身体を温めて、冷え対策に効く!冬の薬膳メソッドとは?

健康志向の方必見!食塩不使用やビーガンのヘルシーなレトルトカレー2種。

世界のVIPが訪れる『うかい』の味が自宅でも!松茸などのきのこ5種を味わう、贅沢お取り寄せ鍋。

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード