健康志向の方必見!食塩不使用やビーガンのヘルシーなレトルトカレー2種。

H&W starcurry

忙しい日々のなかで、お湯で温めるだけでおいしいカレーが食べられるレトルトカレーは欠かせない食品。選択肢がどんどん広がっていますが、今回は健康志向の方におすすめの2種をクウネル・サロン編集部が厳選。食塩不使用の「休塩日のカレー」と、化学調味料・動物性由来成分が完全不使用の「STAR CURRY(スター カレー)」です。どちらも罪悪感なくいただけるヘルシーさなのに、食べた後は満たされます。

●healthy curry1

塩は使わず、素材本来の旨味を引き出す
「休塩日」のカレー

醤油やつゆ、レトルト食品などの総合食品メーカー・ヤマモリ「休塩日のカレー」。食の本場 南仏ニースで活躍するシェフ・松嶋啓介氏が監修しています。「減塩」ではなく「食塩を一切使用しない」というところがポイント。その分、素材の持つ繊細な味わいを際立たせ、満足感を感じる料理に。

日々の生活の中で、「塩分」を気にすることはありますか?
現代では塩分が高い味の濃い食べ物がたくさんありますが、食べ過ぎは高血圧やむくみなど多くの病気や症状の危険があります。「思う存分に食べたいけれど、塩分が気になる…」。そんな方におすすめなのが〈「休塩日」のカレー〉。食塩、化学調味料、香科、保存料不使用のカラダに優しい商品です。

ヤマモリ 休塩日のカレー
2種類あり、左がキーマ(155g)、右がバターチキン (160g)各378円(税込)
ヤマモリ 休塩日のカレー
【バターチキン】バターと生クリームのコクがポイント。 鶏肉の旨み、玉ねぎの甘み、トマトの酸味も相まって素材本来の味を楽しめる。
ヤマモリ 休塩日のカレー
【キーマ】キーマは鶏肉の旨み、玉ねぎの甘み、トマトの酸味と10種類のスパイスを掛け合わせた一品。
/

●healthy curry2

化学調味料、肉・魚・乳製品・動物性由来成分は完全不使用のビーガンカレー
STAR CURRY

続いてご紹介するのはサステナブルな缶詰「カンナチュール」などを展開するH&Wより。「CANNATUREL+(プラス)」シリーズの第2弾「STAR CURRY(スター カレー)」です。ビーガンシェフの吉村純氏が監修の10種類以上のスパイスとココナッツミルクを使用したビーガンカレーです。パッケージもイラストを起用していたり、いままでのレトルトカレーにはないすっきりとしたパッケージで、ギフトにもよさそう。

スターカレーは旨味を最大限に引き出す独自の調理法で、丁寧に時間をかけて仕上げています。また、このカレーには吉村純シェフの「国や宗教、性別や年齢を超えて、世界中の人々がみんなで同じ食卓を囲むことができる」という優しい想いと夢が詰まっているのだそう。

H&W starcurry
既存の物とは異なる今どきなパッケージもポイント。180g /¥950
H&W starcurry
夏はおしゃれに野外でご飯などにも活用。
H&W starcurry
ナンとの相性抜群。ごはんと一緒に、ナンと一緒に、パスタにかけても美味しくアレンジは自由自在。
/

「休塩日のカレー」を初めて食べた際に、「こんなにまろやかなカレーは今までに食べたことがない!」と衝撃を受けました。薄味すぎる訳でもなく、肉は噛みごたえがあり、野菜本来の優しいコクも感じることができます。また、「スターカレー」はパスタと合わせて食べてみました。こちらはパスタと良く絡み、トマトの酸味とスパイスも効いていて量も180gと多く、高い満腹感を感じることができます。カラダに優しい以上の2種類を、便利なレトルトカレーのチョイスのひとつとして是非、召し上がってみてください。

そのほか健康に関する記事
履くだけ簡単美脚トレーニング!新感覚ルームシューズ『KAMOLEG』で、おうちフィットネス始めてみませんか?
コンビニ食材は、ダイエット中にこそおすすめ!ごはん同盟・しらいのりこさんのプラスひと手間レシピ。
【「菜食生活」前編】参考になる!バラエティ豊かなヴィーガンの献立を披露します。
初秋の薬膳メソッド。残暑が残る、9月のおすすめの食材と食事のポイントは?

キーワード