【お菓子通おすすめクッキー缶①】蓋をあけると、心ときめく色とりどりのクッキーが目に映る。あなたはどれがお好きですか?

SHIROYAMA HOTEL kagoshima プティフールセック 

味も見た目もさまざまな、美しい焼き菓子が詰まった箱を開ける瞬間は、いくつになっても心ときめくもの。今回はスイーツ通の4人の方に、大人のおやつ時間をおいしく彩ってくれる珠玉のセレクションを自分用・手土産用にそれぞれ教えていただきました。最初にお届けするのはスイーツジャーナリスト・平岩理緒さんのおすすめクッキーたちです。

選んだのは、共に仏の伝統菓子の技を受け継ぐパティシエが、自身の故郷に目を向けたもの。『城山ホテル鹿児島』の栄村洋樹シェフは、県産の知覧茶や安納芋などを使って本格的な仏菓子を丁寧に表現。

一方、『Ryoura』の菅又亮輔シェフは、故郷に咲く鮮やかな佐渡椿を描いた缶に、各種サブレをパリの雰囲気そのままにざっくり詰めました。アイデンティティを生かしたお2人の感性に惹かれます。

最近、日持ち良く配送時にも壊れにくいクッキー缶人気が再燃。概してサイズが小ぶりになって、選択肢が随分と広がっています。1缶で多種多様な味を、少しずつ頂けるのも嬉しいはず。さらに洗練されたデザインの缶が多く、食べた後まで楽しみが増えました。

〈自分にごほうび〉
鹿児島名産と本格派フランス菓子の共演。

SHIROYAMA HOTEL kagoshima

「『食べたい!』と思い立ち、先日取り寄せました」。種子島産の安納芋や奄美大島産のきび糖のほか、シナモン、フランボワーズ、ゴマなど多様な食材を用いた9種の焼き菓子。味も形も色彩も豊かな一品。

みどり色のアクセント。知覧茶クッキーは茶葉の香り高く、目にも鮮やか。ホテルでは知覧茶のミルクジャムも人気。

「プティフールセック」 ¥3,780

/

〈手土産におすすめ〉
繊細な佇まいの缶はお祝い事にもぴったり。

Ryoura

サブレ・ショコラ、クロッカン・ザマンドなど、味・香り・食感の異なる5種類が混ざったランダムな詰め合わせ。丸みを帯びた端正な缶に描かれた椿は、シェフの友人の娘さんであり、イラストレーターのあーちん作。

うずまき模様のサブレ・ヴィエノワバニラは香りのするウィーン風サブレ。歯ざわりが軽快で、上品な口どけもいい。

「サブレアソルティ つばき」¥2,000

/

『ku:nel』20211月号掲載

写真 太田隆生/編集 友永文博

●クッキー好きさんにはこちらの記事もあります!
おいしいものの宝庫!神戸で人気集中のスイーツ3選をお取り寄せ
500円で買える幸せ。『小川軒』のクッキー詰め合わせが最高!【#わたしジャーナル】
運が良ければ出合える? 鎌倉の人気店『デイリー バイ ロング トラック フーズ』のクッキー缶。
クウネルのスタッフが厳選!おいしい&かわいい究極のクッキー缶を集めました。

キーワード