500円で買える幸せ。『小川軒』のクッキー詰め合わせが最高!【#わたしジャーナル】

読者のみなさまから寄せられた素敵な投稿を、クウネル・サロンで紹介する参加型企画『わたしジャーナル』。日々の暮らしで見つけたワクワクを、Instagramで専用ハッシュタグをつけてシェアしていただいています。

今日は、 #クウネル500円おやつ から、クウネル編集部・編集Sさんのおすすめおやつをご紹介します。

「レイズンウィッチといえば」の、洋菓子店・小川軒。新橋と目黒に店舗があり、どちらも落ち着いた雰囲気の喫茶室(サロン・ド・テ)を併設しています。レイズンウィッチは歴史が古く、何世代にわたってファンという方も多いのでは?

洋酒に程よく漬け込まれたレーズンと、特製クリームがバター風味豊かなクッキーにはさまれています。何十年も変わらぬおいしさで、 「これにしておけば間違いない」という安定感がありますよね。

レイズン・ウィッチが看板メニューですが、そのほかにもおすすめはたくさん。季節のフルーツをたっぷり使った<ショートケーキ > や、ふわふわの<ショコラスフレ>、ふくろうのシルエットがかわいらしい<ふくろうキャラメルサブレ>など、お店に行く度に、「今日はどれを連れて帰ろう?」と目移りしてしまいます。

けれど、どんな時も必ず買うのが「ティータイムクッキー」です。小川軒、精鋭のクッキーが7~8種類セットになって税込みで389円! すべて目黒の自社工場で、よい素材を使って丁寧につくられたおいしさを、あれこれ食べて比べられる幸せよ。気軽に差し上げられるので、いくつかめとめて買っておいて、ちょっとしたお礼に差し上げます。

店舗にはコーヒータイムクッキーという、中身がちょっと違ったバージョンも。

/

◆わたしジャーナルの今までの記事はこちらから

『わたしジャーナル』では、みなさまからの素敵な投稿を随時募集中!「今日のお弁当うまくできた!」「おすすめのこれ、シェアしたい」「このおやつ知ってる?」「この本、とても感動します」「これって懐かしいよね?」 そんな、日々の暮らしで見つけたワクワクを、専用#(ハッシュタグ)をつけてシェアを。仲良しのお友達とおしゃべりする感覚で、あなたの「おすすめ」をどんどん教えてください。編集部で気になった投稿は、クウネル・サロンで紹介させていただきます。

キーワード