内田真美さんの代表菓子・スペシャリテ/レシピ編。【プリン】多くの人をトリコにした大きなプリン。

プリン 内田真美

大切に作り続け、その作り手の代名詞ともいえるメニュー、それが「スペシャリテ」。内田さんにとっての「スペシャリテ」はプリン。ネットやSNSでも度々紹介されている「バズりスイーツ」です。今回はその評判レシピを紹介していきます。物語編と併せてお楽しみください。

▼物語編▼
【プリン】話題の「大きなプリン」が生まれたきっかけは?

プリン

プリン
内田真美

・材料(直径 15 cmの丸型 1 台分)

卵…3個
卵黄…3個
きび砂糖…70g
牛乳…500ml
バニラビーンズ…2/1本
ラム酒…小さじ1

【カラメルソース】
グラニュー糖 …80g
湯…大さじ1

下準備

オーブンを 160℃に予熱する

作り方

1)カラメルソースを作る。小鍋にグラニュー糖を入れて強めの中火にかける。煙が出てきて、周りが色づいてきたら鍋をゆすり、全体が濃いカラメル色になるまで待つ。

2)濃いカラメル色になったら、火からおろし、湯を加える。熱いうちに型に流し入れ、型底全体にカラメルがいきわたるようにする。固まるまで涼しい場所に置いておく。

3)プリンを作る。ボウルに卵と卵黄を割り入れ、ホイッパーで泡だてないように溶きほぐす。きび砂糖 を加えてすり混ぜる。

4)バニラビーンズのさやに縦に切り 込みを入れ、ナイフで中の種子を しごき出して3に加え、全体を混ぜ合わせる。

5)鍋に牛乳、バニラビーンズのさやを入れ、沸騰しないように温める。

6)4のボウルに5の牛乳を漉しながら少しずつ加え、そのつど、よく混ぜる。ラム酒を加えてさらに混ぜ合わせる。

7) 2のカラメルを敷いた型に6を漉しながら静かに加える。上に浮いた泡は取り除く。

8) 天板に型を置き、160℃に熱した オーブンに入れる。天板の 2/3 高さまで湯を注ぎ、湯煎で 30 分焼く。竹串を刺して液体が出てこなければ出来上がり。粗熱を取ってから冷蔵庫で 6〜7 時間冷やす。

9)型から取り出す際は、ふちにぐるりとナイフを入れ、大きめの皿を逆さに当てて型ごと返す。

材料はたったこれだけ。「最近は、バニラビーンズの価格が高騰しているみたい。手に入りにくい場合、人工的な香料を使うくらいなら、香りづけはラム酒だけで。それでも十分、風味が出ます」 

バニラビーンズは、香りが残るさやも、むだなく使う。

カラメルは、グラニュー糖と水を合わせて火にかける方法もあるけれど、このレシピではグラニュー糖だけを火にかけ、濃度と香ばしさを引き出す。型は内田さん愛用のガラス製耐熱皿のほか、同サイズのステンレス型でも同様に作れる。

プリン作りで、一番ドキドキする瞬間。型にお皿を当てたら、躊躇せず、ひっくり返すのがコツ。

/

内田真美さんのお菓子の集大成!
『私の家庭菓子』が話題です。

『ku:nel』2018年3月号掲載

写真 有賀 傑  / 取材・文 福山雅美 / 編集 鈴木麻子


●そのほかの「スペシャリテ」の記事
大川雅子さんの代表菓子・スペシャリテ/物語編。【バナナブレッド】若き日に出会った大切な味。
大川雅子さんの代表菓子・スペシャリテ/レシピ編。【バナナブレッド】30年以上作り続けるシンプルだけど奥深い味。

キーワード